おはこにゃばちにんこ。
ロロたんぬです。

たいマックス企画第8弾。
一番多く評価された記事が優勝!ってことで、
今回もロロたんぬは実践級のデッキを紹介したいと思います。

ロロたんぬが注目したポケモンは
エルフーン。

場に6枚のポケモンのどうぐがあれば、
エネルギー1個で250ダメージを叩き出すことができます。

ポケモンのどうぐ「Uターンボード」を使えば、
トラッシュせずに手札に戻すため、
何度でもつけることができ、安定した火力を維持できます。

以下、デッキレシピです。

採用理由

エルフーン4
モンメン4

メインアタッカーです。
フェアリータイプのモンメンもいますが、
ミステリートレジャー対応の超タイプが無難です。

シルヴァディGX2
タイプ:ヌル1

オクタン枠優秀なドローエンジン。
終盤のリセットスタンプに強くなったり、
あと1枚つけば倒せる…!を可能にしてくれたり。
バディブレイブが使えないことがネック。
チラチーノにしようと思いましたが、
トラッシュするカードがないこと、
単体でのドロー性能がずば抜けて高いことから、
GXであることを承知で採用。
クロバットVを使った試合中はできるだけ使いたくないです。
メタモン◇が入っているので、ヌルは1枚。

メタモン◇
5枚目のモンメンor2枚目のタイプ:ヌル。
基本的につりざおで回収が事足りるので、
絶対にエルフーンに進化させなきゃいけないってわけじゃありません。

ジラーチ3
エスケープボードと相性のいい第2のエンジン。
ただし、ワザでトラッシュしてしまうので、
エスケープボードの枚数管理がたいへん…。

クロバットV 1
初動を安定させるため、やむなく1枚。
どうしてもモンメンとタイプ:ヌル、ジラーチを並べたいため、
使わざるをえない場面はあります。

ゲノセクトGX
ポケモンのどうぐを2枚つけられる特性「ダブルカセット」を持っています。
この1匹で最大ダメージが290に増やせるので、狙う価値ありです!

のろいのおふだ 4
小ズガに勝つためのカード。
どうぐ3枚トラッシュ130ダメージでズガドーンが倒せるため、
バトル場のエルフーンにつけっぱなしにしておいてOKです。
2回発動すればジラーチが倒せる。
3回発動すればズガドーンが倒せる。
4回発動すればデデンネGXまで倒せる。
一番現実味があるのはジラーチ。
これをきぜつさせてサイドレースを有利にします。
HP210以下のV・GXと戦う時も、
できるだけバトル場のエルフーンにはつけたままにしておきたいです。

Uターンボード 4
エスケープボード 4

雑にトラッシュするポケモンのどうぐたち。
基本的にUターンボードを投げるので、
管理すべきポケモンのどうぐは7枚程度。
おふだとスケボーとスイレンの竿があれば事足ります。
ふうせんの採用は考えたけど、なしでもよいかと。

クイックボール4
スーパーボール2
ミステリートレジャー2

この配分は諸説ある。
ぜったいたねは出したいからクイックが4
シルヴァディGXをサーチできるスーパーボールと、
モンメン・エルフーンをサーチできるミストレが2枚ずつ。
ぜひ使用感で調整してください。

ぼうけんのカバン3
1枚で80ダメージ分のUターンボードが持ってこられます。
リセットスタンプされたあとのリカバリー手段としても優秀。

スイレンのつりざお1
ふつうのつりざお1

スイレン2枚でもいいかな?と思っていますが、
マグノリア博士で雑にポケモンやエネルギーを
巻き込んでしまったときのことを考えて、
ふつうのつりざおと併せて採用しています。

ツールスクラッパー
相手の大きなおまもりや鋼鉄のフライパンをはがすのに使います。
この1枚でエレキパワー1回ぶんになるんだから、入れるっしょ…

マグノリア博士4
マリィ2

ドローエンジン。
枚数配分的に、シルヴァディGXやクロバットVに頼りすぎているかも。

ボスの指令2
フィニッシャー。
基本はバトルポケモンを攻撃するデッキですが、
最後にベンチのクロバットVやデデンネGXなどを狙いたいときに使います。
ベンチに下がったVMAXを狙うのにも便利です。

混沌のうねり2
ワンダーラビリンス◇やキルクス温泉が苦手なので、対抗策として。
今、混沌のうねりを先に貼られるときついデッキ多くないですか?

基本超3
ホラー超4

ホラー超が偉い。
デメリットなしで使えて、相手を20だけ手負いにすることができます。
HPが220のVポケモンがトラッシュ4枚だけで済んだり、
HPが270のTAGTEAMが倒せるようになったりします。

環境デッキへの立ち回り

・三神ザシアン
オルタージェネシスGXの返しの番には三神を倒しておきたいです。
後攻1ターン目にオルジェネされた場合は、
先2でゲノセクトGXをからめて290ダメージを決めなければなりません。
基本的には不利なので、最善手を手繰る必要があります…

・小ズガ
先にポケモンが倒されてしまうと厳しいです。
のろいのおふだをしっかりと駆使してジラーチを倒したり、
オドリドリGXを倒したりして、
まくることを意識します。
サイド先行できればまくられることはほとんどありません。

・ムゲンダイナVMAX
基本的に非V・GXで攻撃するため、有利なマッチアップです。
素直に2回ワザを使ってムゲンダイナVMAXを2回倒しましょう。

・マルヤクデVMAX
回復手段のあるデッキタイプですが、
こちらは250+250=500ダメージが稼げるので、
すごいきずぐすりを使われても、
HP380までのマルヤクデVMAXを削りきることができます。

・バトル場に高打点出すタイプのVMAX・TAG
上記の通り、基本的な殴りあいでは負けません。

・ガラルネギガナイトVなど、超タイプが弱点のポケモン
ひとひねりです。

ルカメタザシアン
フルメタルウォール後、
ザシアンは250ダメージで倒せますが、
ルカメタが抵抗力も相まって絶対に倒せません。
ホラー超やのろいのおふだをうまく絡めて倒さなければならないため、難しい相手です。

・ドラパルトVMAXやインテレオンVMAXなど、ばらまきが得意なVMAX
割と不利なので、踏まないことを祈ります。

・クワガノンV
あたらないあたらないあたらないあたらないあたらないあたらないあたらないあたらないあたらないあたらないあたらないあたらないあたらないあたらないあたらないあたらないあたらないあたらないあたらないあたらないあたらないあたらないあたらないあたらないあたらないあたらないあたらないあたらないあたらないあたらないあたらないあたらないあたらないあたらないあたらないあたらないあたらないあたらないあたらないあたらないあたらないあたらないあたらないあたらないあたらないあたらないあたらないあたらないあたらないあたらないあたらないあたらないあたらないあたらないあたらないあたらないあたらない

最後に

マッドパーティ同様、ポテンシャルの高いデッキタイプだと思います。
コチラの方が盤面完成までが比較的容易です。
マッドパーティはホルビーが60~80ダメージを1ターン目から目指せるので、安定感という点で、差別化を図りたいところです。

ぜひ皆さんもつかってみてください!

ではではd(℃。)
ババロコ殿堂もよろしくお願いしますね!

第四回ババロコ殿堂の報告と新殿堂ポイントについて