「新春ポケカキャンプ」参加レポート

2019/01/08

あけましておめでとうございます! へるです!

去年はあまりたいあたりジムで記事を書けなかったので、今年はバンバンイベントに参加してガリガリ書いていくつもりです。

どれだけのイベントに参加できるかは分かりませんが精一杯楽しませてもらいます。今年もよろしくお願いします!

 

さて、新年になったばかりですが、自分はさっそく遊びに行ってきました。今回は山崎あらたさんの企画した「新春ポケカキャンプ」参加レポートです!

ポケカなのにキャンプ…?と思うかもしれませんが、参加者は全員ポケカを楽しむプレイヤー。

共通の趣味を持つ面々が違うことで遊ぶとどうなるのか? 本当に楽しい会になったので、その雰囲気が少しでも伝わればいいなと思います。

では行きましょう!

 

いざ新春ポケカキャンプへ

事の始まりは年末

あらたさんとはトイくんと二人で運営されていたイベントで知り合ったのですが、年末に彼がしていたツイートを見たのがキッカケでした。

僕は物心付く前に家族とキャンプに行ったきり、それ以降行ったことがありません。

キャンプ興味はあったものの初心者にはハードルが高いなぁ…と思っており、行く機会もありませんでした。

そこにキャンプ慣れしている方の企画とあればこれはもう行くしかない! と思い切って参加することに。

同様にキャンプをしたい面々であっという間に人数が集まり、ポケカキャンプ部が結成されたのです。

 

当日の服装、持ち物

せっかくのキャンプだから泊まりたい!ということで、冬の野外の寒さに耐えるためにこんな装備で行きました。

  • ・厚手のカーディガン2枚、ジャケット、ニット帽、マフラー
  • ・大量のホカロン
  • ・カップラーメン数個、ミネラルウォーター4本
  • ・シェーバーや歯ブラシといった身支度品
  • ・防寒、汎用品としてタオル数枚

これだけ。かなりの軽装備です。

というのも、キャンプ用品に関してはあらたさんが事前に揃えてくれており、全面的に甘えさせていただくことになりました。

当日テントやテーブル、焚き火の設備も全てセッティングしていただきました
。本当に感謝してもしきれません。

 

とにかく食べて飲んでまた食べる

当日バスに揺られてのんびり向かうと、既に何人かが集まっていたので早速乾杯!

昼間から飲むビールは最高です

 

ただのカップラーメンでも最高

ちょうどお昼の時間だったので、まずは手軽なお昼ご飯としてカップラーメンを食べることに。

ただのカップラーメンだったのですが、いつもより何倍も美味い。寒いからこそスープが五臓六腑に染み渡ります。

外で食べるだけでご飯ってこんなに美味しいのか…

 

肉に魚のバーベキュー

続いてヨウヘイさん、聞麻呂さんが持ってきてくださった肉や魚もいただきます。

直火で焼いたからとにかく美味い。普通に焼くよりも香ばしく、火力が強いのでカラッと焼けています。

漬け込んだ肉の塊、ほっけ開き、イカ焼き等…とにかく酒に合うので、真っ昼間からビールがグイグイ進む進む。

 

焼いたマシュマロで作るスモア

ずっとやりたかった焚き火で作る焼きマシュマロもやりました。チョコクリームと焼きマシュマロをクラッカーで挟み、スモアでもいただきます。

焼いたマシュマロは香ばしくもクリームみたいに甘く、食べる手が止まりません。

 

佐伯さんの入れてくださったコーヒー

ここでなんと佐伯さんがコーヒーを淹れてくれることに。

その場でコーヒーミルを使い、豆から挽いてくれるほどのこだわり用です。

沸かすお湯の品質や温度も気をつけての一杯だったのですが、普段飲むものとは比べ物にならないほど香りも味も素晴らしかった。

これ以降も何度も淹れてくれたのは本当に嬉しかったです。寒空の下だったので体が温まります。

 

夜はクラムチャウダー&野菜のグリル焼き

ただ飲み食いしてるだけじゃだめだ!と晩御飯の料理役を買って出ました。材料は予めあらたさんが用意してくださったものです。

クラムチャウダーはシーフードミックスと野菜を炒め、火が通ったら小麦粉をまぶし、顆粒コンソメで簡単に味付け。

後は牛乳を入れてとろみが出るまで煮込むだけ。めちゃくちゃ簡単なのに心底感動するくらい美味しかった…

ぶっつけ本番だったので出来は不安でしたが、皆喜んでくれました。

ここでCHANGさん手作りのシュウマイも参戦!

凄いジューシーでまるでプロの味です。また作ってほしい(願望)

昼から晩までひたすら食べては飲むを繰り返した一日でした。

 

焚き火を囲んで団らん

夜は寒いからこそ皆で集まる

夜になると日光がなくなり、途端に気温が下がってきました。風も身にしみる寒さです。

こうなると焚き火の熱が回復スポットのようなもの。皆で焚き火を囲むように座って酒盛りを開始します。

色々話をしたんですが、結局話題はポケカになりますね。

皆ポケカが好きだからこそ、今回の縁が生まれたわけですし。共通の趣味は大人にとって大切な架け橋だなーと感じました

話に花が咲いていたものの、夜も更けてきたのでおひらき。就寝準備に入ります。

 

テントの中で一泊

キャンプ経験のない僕にとってテントとは一体どれほどのものなのか…と思っていたのですが、一番体温を奪う風を防げるのが本当にありがたいですね。

一人ずつ用意されたシュラフ(寝袋)内は暖かく、地面からの冷えはアルミシートで大幅に防げたので特に問題はありませんでした。

6人で眠るテント内はさながら修学旅行みたいな雰囲気で、一人で勝手にワクワクしていました。こうなると眠れないんだまた。

 

片付けもあるので早く起きたものの、朝はやはり冷えます。火は人の進化を促進させた偉大なものですね(?)

朝ご飯はツナとチーズのホットサンド。火加減が難しいので焦がしてしまうも、なんだかんだ外で食べるご飯は美味いです。

鋭気を養った後は皆でお片付けします。人数が多いと片付けも早く、無事時間内に撤収できました。

 

新春ポケカキャンプを終えて

キャンプって楽しい

自然の中で時間を気にせず、気の向くままに過ごすのが本当に幸せです

容赦のない寒さが襲いかかってくるのでエアコンやこたつは偉大だなと感じつつも、不自由な中で得られるものもたくさんありました。

外で焚き火にあたりながらぼーっとするのはなんとも言えない快感・癒やしがありますし、空の下で大勢の友人達と飲み食いするのはめちゃくちゃ楽しいです。

普段から散歩はしていましたが、これを機に定期的に自然のあるところに遊びに行こうと決意しました。

またこういう集まりがあれば参加しつつ、慣れてきたら一人でキャンプに行ってみたいです。

 

今回の反省を活かして

あらたさんに準備をほぼ任せっきりになってしまったのが大きな反省点でした。次はもっと力仕事やセッティングを手伝えたらなと思います。

また、厚着できていていたので防寒対策は問題なかったのですが、もっと身軽で温かい服装を準備したほうがいいと感じました。

特に夜は足が冷えるので、できるだけ体を圧迫せず窮屈にならない程度の防寒対策を探してみます。

 

次やりたいことがあるとすれば、屋外で思い切り体を動かして遊びたいですね。鬼ごっことかキャッチボールとか… せっかくだからポケカもやりたい。

後はどれだけご飯があっても人数が多いとあっという間に消えるので、自分で料理を仕込んで大量に持っていこうかなと思っています。

何にせよ早くもキャンプに行きたくなってます。本当に楽しかった

 

二人の開催するイベントにも注目

トイくんと山崎あらたさん二人が不定期で開催している対戦イベントが「今日は練習しません。」です。

友達と集まってワイワイ遊ぶ… そんな子供時代を再び体験できるようなイベントなので、興味がある方は次回開催時に参加を検討されてはいかがでしょうか。

イベントの様子が分かるアーカイブはこちら。

今日は練習しません。

この記事の情報

「新春ポケカキャンプ」参加レポート

投稿者:へる

めっちゃパワーって感じのデッキが好きです。

コメント(0)




関連記事