『ヤナトイナイトバトル7 』参加者16名のデッキを紹介!

2019/01/16更新 - 2019/01/15投稿

9/27(木)に「バトロコ高田馬場」で開催されました『ヤナトイナイトバトル7』において、16名の参加者の皆様が使用されたデッキを紹介させていただきます。

イベントレポート、ツイートまとめなどはこちら

『ヤナトイナイトバトル7』アーカイブ

グループA

優勝:りょーすけさん『フェアリーチャーム』デッキ

デザイナーズだけど誰もやらなかったコンボを綺麗に組み上げたデッキ。
メインポケモンのプクリンの1進化+3エネという縛りを解決するために、序盤はマジカルリボンでカードを揃えたり、学習装置でエネを管理するなど、細かい工夫が非常に多いデッキです。
チャームも数が増え、混乱に関するカードも増えてきているため、環境に合わせてアップデートして使っていきたいデッキです。

デッキ賞:りふぃるさん『寝込みビンタGX』デッキ

相手が特殊状態ならワザの威力が上がるニョロボンをメインとしたデッキです。SM1の渋いカードをピックアップされたところがまず交換が持てますし、新弾のメリープを進化前だけ採用しているところも非常にオシャレですね。このデッキも、相手を特殊状態にするカードが増えるほどバリエーションが増してくるデッキタイプだと思うので、私もいろいろなパターンで組んでみたいと思いました。

デッキ賞:あらたさん『山男Z!ドッカンバトル!!!』デッキ

マグカルゴのじならしで自分のデッキトップを固定し、やまおとこで相手のデッキトップを操作し、200ダメージを出すデッキ。
仕込み→仕込みからの大技の感じが非常にファンデッキらしくて対戦していて楽しいですし、
エンテイ、マグカルゴ、やまおとこがどれも火山モチーフのカードなので、見た目的にもシナジーがあって非常にきれいなデッキでした!

まさみさん『Lillie in wonder land』デッキ

アリスinワンダーランドの作品をモチーフにしたデッキ。ちょっと設定先行しすぎてデッキがうまく回っていなかったのが残念でしたが、他作品の要素をふんだんに搭載しようとした心意気は素晴らしいと思います!
いつかちゃんと動くバージョンも見てみたいです!

グループB

優勝:佐伯さん『もぐランドへようこそ』デッキ

逃げるを封じてベンチを狙撃するという一度は思いつくようなコンセプトですが、アローラダグトリオ、オドリドリ、ハギギシリという一線級ではないポケモンたちがうまくシナジーを活かして立ち回る様子がカードゲームらしくて非常にいいと思いました。
デッキの値段も比較的安めに作られているので、最近始めた方でサブデッキをお探しの方などにもおすすめです。タイトルが2個ある。

デッキ賞:コインさん『ピカチュウの友情』デッキ

1枚のカードの世界観をじっくり掘り下げ、60枚を構成する作り方のデッキ。今まであまりなかったタイプのデッキです。
フーパとピカチュウが泣いているカラカラにドーナツをあげている場面を描いた、フレンドリィショップのプロモのピカチュウのカードを中心に、フーパ、カラカラ、ピカチュウ系統のカードだけで構成されたデッキです。
1枚のカードから無限に世界観が広がるという、ポケモンカードの素晴らしい点を如実に表現している非常に素敵なファンデッキだと感じました。

ミヤさん『脱!!レジワロス!!~汚名返上~』デッキ

登場時から、アローラベトベトンで特性を止めて動かす戦法が話題になっていましたがあまり使う人はいなかったレジギガス。なんとなくゲームでもカードでも1歩足りないようなキャラクターです。
そのレジギガスを動かすために、カキと、ボルトスタートのライボルトという2重のギミックでサポートしたデッキ。
卯木貸すのが難しいポケモンは、「動くのか…動くのか…?」というドキドキを感じながらバトルすることができるので、横で見ていても非常に楽しかったです。

ザキオさん『うたうポケモンの四重奏(カルテット)』デッキ

自分の場の「うたう」を持つポケモンの数だけワザの威力が上がるメロエッタ中心のデッキ。
うたうを並べることのハードルは意外と低いのですが、超無無という3エネをつけるというハードルと、そんなにダメージが出ないというハードルが意外ときついデッキです。
加速担当のポケモンを置くわけにもいかないので、カウンターゲインやカウンターエネルギーで立ち回っていましたが、なかなかしんどそうでした。

グループC

優勝・デッキ賞:みはまさん『水の都の護神』

映画モチーフデッキ。その中でもみんな大好き『水の都の護神』のデッキです。
現在出ているラティアス&ラティオスはどれもイラスト、背景に統一感があり非常に美しいのが特徴的です。
戦えるように組みながら、エーフィとアリアドスもしっかり組み込まれているところがナイスです。
私も組んでみたくなりました。

ダースさん『ちょ~ビンタグローブデッキ』

たまなげMAX派生のハピナス。一度は使ってみたくなるテキストですね。無色であるため加速のパターンは多種多様ですが、今回はマリルリによるサポートがメインでした。倒された後のリカバリーはなんとマルマインGX。一気にとてつもない加速ができます。
コイン次第なので決して安定するデッキタイプではありませんが、プレイしていても相手にしても楽しいデッキでした。

まこさん『ゾロゼラマニュ(アンノーン)』デッキ

みんな大好きアンノーン。その中でも「DAMAGE」をメインとしたデッキです。
その方法は豪快。マニューラのあくのおきてで自分のベンチのGXポケモンにダメカンを乗せるというコンセプト。
それ思いついてもやらないよねというコンセプトですが「もしかしたら決まるかも…!」と思ってみちゃうので、非常に楽しいデッキでした。負け方も豪快。

ハルさん『エンテイマグカルゴwithやまおとこ』デッキ

くしくもAグループのあらたさんと同じデッキタイプですが、ハルさんのデッキのポイントは「やまわたり」のケララッパが入っているという点です。相手のサポートをロストできたらラッキーですが、エネだった場合、やまおとこを使わなくてもデッキトップを確定できるので非常にお得なカードとなります。
同じコンセプトのデッキがあると作り手による違いが見られて楽しいですね。

グループD

優勝:あ4さん『HTB(ハッピーデリバリーツールボックス)』デッキ

デリバードの「ハッピーデリバリー」で相手に合わせた様々などうぐを持ってきつつ、どうぐがついていると強化される「きょうか〇〇」のワザを持つポケモンで攻撃するデッキ。
冗談みたいなデッキですが、相手に合わせてポケモンとどうぐをチョイスできるのは意外と強力で、なんと優勝。
普段あまりみないポケモンも活躍する、面白くて強いデッキでした。

デッキ賞:ヘイさん『おいっ!ダンガンこのヤロウ デッキ』デッキ

特性で1ターン無敵になれるがワザは若干弱いサナギラスとワザがめっちゃ強いヨーギラスに注目したデッキ。
ひかるセレビィを使うことで無敵のままきずをえぐるを使うことができるので非常に強力です。
それだけではなく、進化後のバンギラスも相手全体にダメカンをばらまけるワザを持っているため、2重の面白さがあります。というかそもそもバンギラスのなぎたおすが使ってみると普通に面白い。
この謎タイトルを読まされたのが癪ですが、とてもいいデッキでした。

Fさん『「サイコキネシス」ってカッコよく言うデッキ』

ワザの名前に着目したデッキ。新弾のメインポケモンのルギアも大活躍していました。
どのポケモンのワザも3エネ必要で結構大変そうでしたが、本人が楽しそうだったのでオッケーです。
ポケカはせっかく各ポケモンにワザ名があるので、もっと注目したデッキがあってもいいと思います!

ぱにさん『お湯デッキ』デッキ

ギャラドスGXメインのデッキですが、見えるのは炎エネルギーばかり!
炎エネを採用することで、ヒートファクトリー◆が使えたりカキが使えたりいいことがたくさんあります。ギャラドスGXが倒された後はバトンを受け継いだホワイトキュレムが暴れるなど、細かいシナジーがあって面白いデッキでした。
ネーミングセンスもナイス!

まとめ

新スタンダード環境万歳!!
いろいろな無理な動きができなくなったぶん、カードのイラストに注目したり、カードのワザ名に注目したりしたデッキが出てきたかなと思います。
より個人のセンスが問われる環境かもしれません。
次回のヤナトイも楽しみです!!

この記事の情報

2019/01/16更新 - 投稿

『ヤナトイナイトバトル7 』参加者16名のデッキを紹介!

トイ

投稿者:トイ

元イベント屋。ファンデッキであそびましょう。 Twitter@101pokeca

コメント(0)




関連記事