【ポケカ】JCS目前!SM10b環境で見かけたデッキをまとめてみた

2019/05/29更新 - 2019/05/28投稿

おはこにゃばちにんこ。
ロロたんぬです。

もうすぐミラクルツイン発売ですね。
そして、もうすぐJCSがやってきます。

新弾環境に備えて、
CL千葉~シティリーグシーズン4くらいまでに見かけた
デッキタイプをまとめてみました。

宇宙みたいな記事なので覚悟してください。
足りないなって思ったものは言ってもらえれば追加していきます。
みんなで宇宙を拡げていきましょう。
報告・追加希望はロロたんぬTwitter( @lolo_tannu )まで。

TAGTEAM GX軸

レシリザGX+ボルケニオン

後攻でワザ「フレアスターター」を使うとか、ブルーの探索で溶接工引くとかで、レシリザを育てる。
つよい

レシリザGX+ブースターGX

ブースターGXのワザ「ぐれんのほのお」の190がたねGXや1進化GXにちょうどいい。対TAGTEAMはレシリザにまかせる。
つよい

レシリザGX+ジラーチ

ジラーチの特性「ねがいぼし」を使って必要なトレーナーズを集める。カキとかやぶれかぶれとかが使いやすい。ジラーチを使いまわせるあなぬけのヒモと相性がいい。
つよい

ピカゼクGX+ライライGX

デデンネGXとかカプ・コケコ◇とかでめっちゃぶん回してオラオラする。ライライのワザがHPの高いTAGTEAMに対して強力。
つよい

ジラーチ+サンダー+ライライGX

HPの低いたねポケモンをサンダーのワザ「アサルトサンダー」で倒して、サンダーで倒せないGXポケモンとかをピカゼクやライライに任せる。
つよい

モクナシGX+クワガノン

ワザ「スーパーグロウ」でクワガノンを進化させる。炎相手には雷ポケモンで戦う。レックウザGXやシェイミ◇も強力アタッカー。ゼラオラGXの特性「じんらいゾーン」でにげるエネもなくなる。
つよい

モクナシGX+ラフレシア

ワザ「スーパーグロウ」でラフレシアやフシギバナを進化させる。こちらは防御寄りで、相手を詰ませる。
つよい

ガブギラGX+カラマネロ

ガブギラのワザ「カラミティエッジ」は低コストで高打点を出すことができ、耐久も申し分ない。ギラティナの特性「やぶれたとびら」と相性がいい。倒すのが面倒な相手はGXワザ「ジージーエンド」でトラッシュ。
つよい

闘軸ガブギラGX

ランドロスのワザ「ちょくげきだん」でベンチを狙撃したり、ワザ「パワーサイクロン」でエネルギーを管理したりしながら戦う。場にダメカンをばらまいたら、くろおび+ガブギラでオラる。
つよい

ビクティニ+三鳥GX

ワザ「ビクトリーサイン」で三鳥GXにエネルギーをつける。水と雷をつければ、あとは溶接工を使えば準備ができる。
つよい

アロベト+三鳥GX

相手の動きをアロベトでけん制しながら、210ダメージを連打したり、110をばらまいたりする。ミュウの特性「ベンチバリア」が効かない。
つよい

三鳥GX+ブイズGX

三鳥に必要なエネルギーで、イーブイの進化先が選べる、いいとこどりなデッキ。溶接工でグレイシアGXが戦えるのが偉い。
つよい

ひかるミュウ+TAGTEAMバレット

ひかるミュウのワザ「でんせつのみちびき」でTAGTEAMにレインボーエネルギーをつけまくる。ミュウが倒されてもTAGTEAMは2回戦える。
つよい

ヌオー+レインボーエネルギーバレット

ヌオーの特性「おしながす」はレインボーエネルギーやユニットエネルギー草炎水も動かせる。様々なTAGTEAMで戦える。
つよい

サナニンフGX

エネルギーが管理しやすいTAGTEAM単。ムウマージの特性「ふしぎなことづけ」でドローしながら、ワザ「カレイドストーム」とタッグスイッチ、まんたんのくすり、アセロラで相手のダメージを受け流す。
つよい

フェロマッシGX

フェローチェ&マッシブーンGXだけで耐久・攻撃し続ける。草タイプであるため、回復できるカードが多い。取られるサイドは必ず3枚だけなので、ルザミーネ◇とも相性がいい。
つよい

ゲンミミGX+オムスター

場をゲンミミとオムスターだけにして、相手のグッズを使えなくしながら、ワザ「ポルターガイスト」で大ダメージを連発する。後攻1ターン目のGXワザ「ホラーハウスGX」が地味に有効。
つよい

セレフシGX+シェイミ

セレフシGXの耐久力を、シェイミの特性「フローラルヒール」で強化するデッキ。こんらんや全回復GXなど、相手の嫌がるワザが多い。
つよい

GXポケモン軸

ルガルガンGX+ゾロアークGX

ゾロアークGXの特性「とりひき」で山札を引いて、ルガルガンGXの特性「ブラッディアイ」で相手のベンチを狙う。マシャカイがすんなり入るのが偉い。
つよい

ゾロアークGX+ペルシアンGX

ペルシアンGXの特性「キャットウォーク」で好きなカードを持ってきながら戦う。ピン差しカードが好きな時に使える。ゾロアークGXの特性「とりひき」のおかげでワザ「ふくしゅう」のダメージが増える。
つよい

ジュゴン+ゾロアークGX

ジュゴンのワザ「デュアルブリザード」で進化デッキに対して、進化される前に倒そう、というコンセプトのデッキ。トリプル加速エネルギーがゾロアークGXにも対応している。
つよい

ユキメノコ(ヤドキング)+ゾロアークGX

ユキメノコのワザ「うらみのといき」や、ヤドキングのワザ「サイコキネシス」の弱点でレシリザGXを倒すゾロアークデッキ。
つよい

ゾロアークGX+ダストダス

対TAGTEAM全般に対して、ダストダスのワザ「ゴミなだれ」で大ダメージを出すデッキ。リセットスタンプ+マツバというコンボが使える。
つよい

ギャラドス+ゾロアークGX

ワザ「あたりちらす」の打点が高い。メタモン◇から進化させれば最大200ダメージ。特性「とりひき」でコイキングも捨てられるので、理にかなった組み合わせ。
つよい

ウルネクGX+カラマネロ

ワザ「フォトンゲイザー」で青天井打点をコンスタントに繰り出すことができ、ギラティナを使ったりGXワザ「めつぼうのひかりGX」を使ったりして小物も倒せる万能デッキ。
つよい

ズガドーンGX+アーゴヨン

アーゴヨンの特性「チャージアップ」で炎エネルギーをたくわえて、ワザ「びっくりヘッド」を使ってTAGTEAMを一撃。昨年から人気のデッキだが、溶接工やヒードランGXの登場でより強化。
つよい

アーゴヨンGX+ポリゴンZ

ポリゴンZの特性「クレイジーコード」でアーゴヨンに必要なエネルギーを1度に用意できる。ユニットエネルギー雷超鋼で戦えるポケモンを採用できるのも良い。
つよい

エルフーンGX+ポリゴンZ

相手の攻撃をかわしながら、エネルギーを蓄える。トリプル加速エネルギーをつけたときのワザ「エナジーブロー」の威力が高い。
つよい

エルフーンGX+フーパ

フーパで耐久しながら、エルフーンにエネルギーを蓄える。ユニットエネルギー闘悪フェアリー、ダブル無色エネルギーがどちらにも有効に使える。
つよい

カメックスGX+カメックス

特性「パワースコール」で水エネルギーをつけて、ワザ「ロケットスプラッシュ」で大ダメージを連発させる。番を追うごとにどんどん特性のヒット率が上がるため、長期戦向き。
つよい

アーゴヨンGX+ツンデツンデGX

特性「ウルトラウォール」で耐久しながら、アーゴヨンGXで1エネ120ダメージを連打する。ツンデツンデGXやたそがれネクロズマGXのGXワザのダメージが大きいため、序盤から終盤まで息切れしにくい。
つよい

アーゴヨンGX+マッシブーンGX

より攻撃的なUBデッキ。鋼と違い、ゾロアークGXに対して弱点がつける点が長所。
つよい

マグカルゴGX

特性「クラッシュチャージ」でエネルギーをたくわえて、ワザ「ようがんりゅう」のダメージを増やす。溶接工と相性がいい。
つよい

ビリジオンGX+ラフレシア

TAGTEAMで耐久しながらラフレシアを進化させ、ビリジオンGXのGXワザ「ブリーズアウェイGX」でラフレシア以外をすべて手札に戻す。相手がたねポケモンしか入っていない場合、ワザ宣言ができなくなる。
つよい

ビリジオンGX+ドンカラスGX

基本はラフレシア型と同じ。こちらはラフレシアだけでなく、ドンカラスGXも採用している。場をドンカラスGXだけにしたり、ラフレシアだけにしたりして、相手を詰ませる。
つよい

クワガノンGX+クワガノン

デンヂムシの特性「バッテリー」で、クワガノンのワザに必要なエネルギーをたくわえる。タイマーボールやルアーボールでデンヂムシもクワガノンも手札に加えられる。先攻2ターン目にGXワザ「ギガトロンGX」も狙える。
つんよい。

非GXポケモンデッキ

ジラーチ+サンダー+UB

ジラーチの特性「ねがいぼし」で必要なトレーナーズを持ってきて、サンダーやUBポケモンなど、1エネで動ける多様なたねポケモンで幅広く対応する。
つよい

パンプジン+ゼブライカ

パンプジンのワザ「パンプキンボム」でUターンボードをトラッシュしながら210~250ダメージを連打する。ゼブライカの特性「はやがけ」でリセットスタンプにも負けない。
つよい

ニダンギル

パンプジンより瞬間火力は小さいが、場もちが良い。サナニンフTAGに弱点がつける。
つよい

マタドガス

デデンネGXやジラーチで展開するタイプのデッキに対して、特性もワザもどちらも有効にはたらく。最後はカプ・テテフのワザ「マジカルスワップ」でサイドを一気にかっさらう。
つよい

ゲッコウガ

相手の攻撃をかわしながら、ダメカンをばらまく。きぜつしてもサイドが1枚しかとられない。
つよい

ヌオーバレット水(Water Tool Box)

対炎破壊兵器。フリーザーの特性とワザで盤面を固める。ケルディオGXの特性で守ったり、コイホエGXでフィニッシュしたりする。
つよい

フーパ+ブラッキー

GX相手にはフーパの特性「バンデットガード」で詰ませる。フーパが倒されたらブラッキーでかたきをうつ。ダメージはそう大きくないが、相手に合わせてゲームプランを変えられる器用なデッキ。
つよい

ギラティナ+カラマネロ

ウルネクもガブギラも使わない型。のろいのおふだや戒めの祠が採用できる。無限にギラティナが沸く。中打点の連打で、アセロラを使わないGXデッキに有利。
つよい

デスカーン

ギラティナの特性「やぶれたとびら」で再利用したり、ベンチに出した時使える特性を持つポケモンをたくさん使ったりして戦う。マーシャドーの特性「やぶれかぶれ」がたくさん使えるのが偉い。
つよい

ベロベルト

ベロベルトのワザ「ベロベロらんぶ」で相手の動きを阻害しつつ、しっかりとダメージを稼いでサイドをとる。別TCGの似た効果を持つモンスターから、通称トリ〇ューラと呼ばれる。
つよい

グランブル

マグカルゴの特性「じならし」とヤレユータンの特性「さいはい」で手札をコントロールしながら、160ダメージを連打する。レッドの挑戦の登場で強化。
つよい

ガブリアス+ルカリオ

ルカリオの特性「はどうよち」で好きなカードを手札に加えながら、ガブリアスで戦う。もともとポケモンが倒されやすいのでカウンターを決めやすく、特性「オーバーエッジ」や格闘道場と相性がいい。
つよい

ジガルデ+ジガルデGX

特性「セルカンパニー」で強化されたジガルデたちが、1エネ80~130くらいでコンスタントに攻め続けてくる。ジガルデGXのGXワザ「ジャッジメントGX」の応酬はTAGTEAMには止められない。
つよい

カエループ

メガニウムの特性「そうじゅくハーブ」でひたすら2進化を育てる。ラグラージの特性「パワードロー」でキーパーツを手繰り寄せる。あとは超ブーストエネルギーをつけたゲッコウガGXのワザ「おぼろぎり」で山に帰り続けるだけ。
つよい

ドサイドンLO(山札破壊)

退化スプレーZとメガニウムの特性「そうじゅくハーブ」でドサイドンを進化させまくり、特性「やまおろし」を何度でも利用できる。サイドンのワザ「ダーティワーク」でも山札をトラッシュできるため、山札の破壊速度がはやい。
つよい

ズガドーン+ズガドーンGX

ワザ「ひのたまサーカス」が溶接工、炎の結晶でコンスタントにダメージを稼げる。TAGTEAMをワンパンしたり、HP100~200くらいを小突いたり、器用に動ける。詰めはGXワザ「バーストGX」。
つよい

バクガメス+アーゴヨン

アーゴヨンの特性「チャージアップ」で炎エネルギーをたくわえて、バクガメスのワザ「ばくふんしゃ」で大ダメージをねらう。ズガドーンに比べて、手札の管理がしやすい。
つよい

リザードン

特性「たけるとうき」でエネルギーをたくわえて、ワザ「れんぞくブレイズボール」で大ダメージを出す。展開力に乏しいが、対TAGTEAMに対して有利。
つよい

溶接工ハピナス

溶接工で炎エネルギーをたくわえて、ワザ「パワフルビンタ」の投げるコインを増やす。トリプル加速エネルギー1枚でワザを使えるのも長所。ポリゴンZと組み合わせて特殊エネルギーをたくさんつけるのも楽しい。
つよい

ウインディ

ワザ「グランドフレイム」で中打点を稼ぎながら、後続のウインディを育てられる。HPも140と高く、非GX同士の殴り合いで有利。
つよい

ランドロス+ルガルガンGX

ランドロスのワザでダメカンやエネルギーをコントロールして、ルガルガンGXで詰める。ディアンシー◇や格闘道場と相性がいい。
つよい

ギャラドス

ワザ「だいぎんじょう」は山札の水エネルギーが多いほど大ダメージが出やすい。ワザを使えば使うほど純度が上がる、まさに大吟醸。理論上、山札の中が水エネルギーだけになれば、かならず240ダメージになる。
つよい

ロストマーチ

ポポッコやケララッパをロストゾーンに置き、非GXながらも180~260ダメージを叩き出せる。エモンガとロストミキサーの相性も良い。
つよい

エビサワカポ

ワザ「ヒットアンドアウェー」、「スペシャルコンボ」、「フィニッシュコンボ」とつないでいく。格闘道場のおかげで、エビワラーだけでも十分なダメージが稼げるようになった。
つよい

プテラ

GXポケモンが場にいなければ、大ダメージを出せるワザ「かせきのキバ」で戦う。トリプル加速エネルギー、特性「サイコリチャージ」など、エネルギー3つつける方法はさまざま。
つよい

マッシブーン+ダストダス

序盤はあ戒めの祠で相手にダメカンをのせつつ、マッシブーンで戦う。相手の残りサイドが4枚になったときのワザ「スレッジハンマー」や、終盤のゴミなだれで大ダメージを狙う。
つよい。

特殊系

エンニュートHAND

特性「あぶりだす」で手札をひたすら増やす。炎の結晶で炎エネルギーを使いまわし、炎の結晶はワザ「リソースマネージメント」で回収し続ける。
つよい

メルカリGX HAND

圧倒的な耐久力で守り、相手のエネルギーをトラッシュしつくす。相手が動けなくなったところで、マチスの作戦やルザミーネでひたすらトラッシュのサポートを手札にもどしてHAND。LOも狙える。
つよい

ピジョンHAND

ピジョンの特性「エアメール」を使ってひたすら手札を増やす。エンニュートと違って、ウツギはかせのレクチャーでピジョンを呼んでこられるのが偉い。
つよい

超越ダークライGX

相手の手札を0枚にして、疑似的に自分のターンを2回繰り返すデッキ。ムウマージの特性「ふしぎなことづけ」を連発し、相手のサイドを減らしてからリセットスタンプ&ムサシとコジロウ&特性「ホワイトホール」。トラッシュしたダークライGXの特性「リザレクション」+カウンターゲイン+悪エネで攻撃。
つよい。

超越ゲッコウガGX

基本は超越ダークライGXと同じ。特性「しんしゅつきぼつ」を使って場に出し、相手の手札を0枚にしてから、アクアパッチやカウンターゲインを用いてワザ「かすみぎり」を使う。130ダメージを2回与えれば、だいたいのポケモンは倒せる。こちらはフーパ相手にも詰まない。
つよい

ゼブライカ+ヌケニン

海外で話題になったデッキ。ヌケニンの特性でとられるサイドを減らしながら、相手のエネルギーをトラッシュしつづける。ヤレユータンのワザ「リソースマネージメント」でヌケニンや妨害札を戻したり、ヤドキングのワザ「きおくをとろかす」でキーパーツをロストゾーンに置いたりする。
つよい

おわりに

ミラクルツイン環境についてはまったく触れていませんし、
もうジムバトルでも見かけないよ~みたいなデッキも入っていると思います。
なんとなく、シティリーグシーズン4の使用率2%以上くらいのデッキをイメージしました。

JCSで、1%くらいの人が使ってきそうだな?と思う、
スカイレジェンド環境のデッキがあったら教えてください。

ご用命はロロたんぬのTwitterまで( @lolo_tannu )

ミラクルツインのデッキも言ってもらえたら、
記事にはしませんが、僕がJCSの参考にします。
よろしくです。

この記事の情報

2019/05/29更新 - 投稿

【ポケカ】JCS目前!SM10b環境で見かけたデッキをまとめてみた

投稿者:ロロたんぬ

元ギョーカイ人。 ドラマは本編よりも間のCMが好き。 可愛いものに囲まれて生きてゆきたい。

関連記事