おはこにゃばちにんこ。
ロロたんぬです。
第5回ババロコ殿堂が開催されました!
18人もの参加者が集まり、だんだんとにぎわってきたババロコ殿堂。
レポートも書きがいがあります。

今回は前回からポイント配分を少し変えて、環境が変わったかと思います。

変更点は
アルセウス&ディアルガ&パルキアGX を2点→1点に
アオギリの切り札 を2点→1点に
カクレオン を禁止→4点に

攻撃的なデッキをより強化し、
ワンショットやロック系に強くでられるように設定してみました。

これによって参加者のデッキはどのように変わったのか、みてみましょう。

参加者デッキと所感

ゆめいろさん

ゼルネアス+カクレオンデッキ(戦績3-0)(6-3、6-0、6-0)

殿堂ポイントを改正したカクレオンで早速挑戦してくれました!
ゼルネアスのワザ「レインボーフォース」はベンチポケモンのタイプの数ぶんダメージが増えるワザ。
カクレオンは1匹で9つのタイプをもつため、この1匹で270ダメージぶんのタイプを担保できます。
別途ドラゴンタイプとフェアリータイプを用意するだけで、
フェアリーエネルギー+ダブル無色エネルギーで後攻1ターン目から340ダメージを目指せます。
カクレオンを倒しても、トラッシュから回収するだけでいいし、
ゼルネアスを6回倒さないとサイドを取り切れないため、かなり強力なデッキです。
見事3連勝でした。

まゆまさん

ドラパルトVMAX+ダストダス+ネンドール+ホルビー(3-0)(6-0,6-4,6-0)

前回優勝のドラパルトVMAXデッキの進化促成にΩ連打のホルビーを採用した、
より前のめりなドラパルトVMAXデッキ。
ダストダスで相手のデッキに蓋をしながら、
こちらはコスモパワーで必要札をそろえつつ、
ダイファントムでベンチポケモンも倒せる、非常に強力なデッキです。
殿堂ポイントもネンドールのみと非常に軽く、
戦略の幅はまだまだ拡げられそうです。

おーたむさん

ミュウツー&ミュウGX+アーケオス(2-1)(6-0,6-4,0-6)

相手のポケモンをアーケオスの特性で進化できないようにし、
エーフィEXのワザ「ミラクルシャイン」で退化させ、
サンダースEXのワザ「フラッシュレイ」でたねポケモンからのワザを受けなくする…
という強力なコンボを軸に、
ミュウミュウならではの、たくさんのギミックを詰め込んだ形です。
ポケモンレンジャーも採用されていて、きちんと考察されていました。
しかし、最終戦でアンノーンGがついたダストダスを退化させることができず、敗北してしまいました…
アンノーンG+ダストダス、強すぎでは。

ナカムラさん

ハクリュー+フォレトス+アローラライチュウ(2-1)(5-3,6-1,0-6)

ハクリューのワザ「りゅうのいのり」で無限にエネルギーを貼れるようにし、
スピード雷エネルギーのドローでパーツを集めたら、
エネルギーリセットやアンノーンで回収し、
フォレトスのポケボディー「アイアンシェル」でダメカンをばらまいていきます。
〆はエネルギーリンクからアローラライチュウの「エレキレイン」。
HPの低い、ギミック系のデッキはアイアンシェルの時点でかなり大打撃を受けるので、
エレキレインで一掃されるし、
HPが高いポケモンにはエレキレインを集中させればよい。
しっかりと考えられたデッキでした。

だめいぬさん

三神+フリーザー(2-1)(5-6,5-3,6-0)

オルタージェネシスGXとΔプラスでサイドを追加で2枚とれるデッキ。
さらにジラーチ◇を採用して追加の1枚を狙えます。
ワンチャン6枚取りも夢じゃない!
当日は5枚取りを成功させていました。

シオナさん

ハクリュー+ツボツボ+トゲピー&ピィ&ププリンGX(2-1)(1-0,2-0,0-6)

今回はりゅうのいのりが人気です。
こちらはツボツボのポケボディー「はっこうえき」でドローして、
エネルギーを16枚揃えたら、エネルギーリセットからシュープリームGXをキメます。
りゅうのいのりさえ使えれば特性を使わず、ポケパワー、ポケボディーで達成できるため、
オカルトマニアを使われても目指せるのが強みです。
しかし、アンノーンGがついているとシュープリームGXが効かないため、
今回はそれにより3連勝を逃してしまいました…

ハムさん

三神+インテレオンVMAX(2-1)(6-3,4-6,6-0)

オルタージェネシスGXとダイバレットの制圧力を活かしたデッキです。
別のババロコ殿堂を用いた殿堂レギュのイベントで見事全勝したデッキを、
少し形を変えてババロコ殿堂に持ち込んでくれました。
しかし、しっかりとメタを読んだおーたむさんのポケモンレンジャーの前に屈してしまいした。

ホソヤさん

ヤミラミ+マーシャドーGX(2-1)(0-1,6-1,5-2)

相手の手札を減らして、山札の上を固定して、
何もできなくしたら攻撃ワザでサイドをとっていく…
前回も同様のデッキタイプで挑戦してくれたホソヤさんが、
ブラッシュアップして再挑戦です。
前回はマルヤクデデッキを縛りきることができず、
惜しくも全勝できませんでした。
今回はりゅうのいのり無限ドローを止めることができなかったため、
2勝1敗となりました。

りょすさん

パルスワンV+パチリス(2-1)(6-5,0-2,6-4)

ポケパワー「ビリビリはつでん」をもつパチリスでエネルギーをたくさんつけて、
パルスワンVのワザ「ライトニングストーム」のワザを強化していきます。
グッズ「エネルギーパッチ」も入っていて、
イラスト的にもシナジーのあるデッキです。

れんれんさん

ミュウ+グライオン(1-2)(3-6,2-0,4-6)

ポケボディー「ロストリンク」をもつミュウで
グライオンのワザ「きりこみターン」を使います。
スカタンクのポケパワー「ポイズンストラクチャー」でどくにして、
相手を一撃で倒すことを目的にしています。
きりこみターンはエネルギー1つで使えるため、キャプチャーエネルギーと組み合わせられます。
また、ポイズンストラクチャーに必要なスタジアムをルミナスメイズの森にすることで、
75%でオモテを狙えます。
対TAG、VMAXには強いですが、非V・GXとはやや相性が悪いです…

トイさん

カメックス+ラプラスVMAX(1-2)(3-6,0-2,6-5)

殿堂ポイントが軽くなったアオギリの切り札を用いたデッキを持ち込んでくれました。
1戦目は強化されたゼルネアス+ドーブルデッキに倒され、
2戦目はきりこみターンのミュウにワンキルされてしまったため、戦績は奮いませんでした。
是非次回も挑戦していただきたいと思います…!

FANGさん

かじるHAND(1-2)(0-0,1-6,2-5)

基本はあぶりだすHANDですが、あぶりだすをもつエンニュートとキュウコンの進化前の
ヤトウモリとロコンがワザ「かじる」を持っています。
その他にもかじるをもつポケモンがたくさん入っていて、
カツラのクイズショーによってHANDに近づけていきます。
コンセプトが非常にすばらしいですが、
アイアンシェルエレキレインに盤面を一掃されたり、
ヤミラミに手札を縛られたりしてうまくHANDが決まりませんでした…

うっつーexさん

サーナイトGX+サーナイト(1-2)(3-6,1-6,6-3)

サーナイトGXと、テレパスのサーナイトの組み合わせです。
第3回のなつさんのデッキに近いタイプです。
サーナイトはいつ登場しても強力な効果を持っていることが多く、
殿堂デッキとして組みがいのあるポケモンです。
BW以降、XY以降の比較的新しいポケモンは進化の選択肢が少ないですが、
DP以前のポケモンはたくさん進化のレパートリーがあるのが良いですね。

あかぎさん

ガブリアス+ルカリオ+ポリゴン2(1-2)(0-6,1-6,1-0)

サンムーンレギュレーションで人気だったガブルカに、
ポケパワー「ダウンロード」をもつポリゴン2を採用した形です。
シロナだけで戦局を有利にするのは難しいですが、
ダウンロードでサポートを2回使うことで、その問題を解決しています。
現行のスタンダードデッキを殿堂らしく仕上げるのも面白いです!

キさん

ミュウツー&ミュウGX+ミュウツーバレット(1-2)(6-3,4-6,5-6)

MミュウツーEXやミュウツーEXが入ったミュウミュウミュウミュウデッキ。
サーナイト同様、ミュウツーもたくさんの種類のカードがあるため、
ワザの選択肢に困りません。
キさん曰く、バニシングストライクをつかえたので満足した、とのことです。

ゆいさん

とつげきアメイジング(1-2)(0-0,6-1,0-6)

なんと3度目の貸し出し。非常に人気のデッキです。
他のデッキも借りてみてほしいのですけど(笑)
最終戦ではオルタージェネシスGX+フリーザーにサイドを4枚取られてしまったそうです…!
貸出デッキはほかにもモクナシラフレシアや、
ロロたんぬが前に使っていた強力?なデッキもあります。
ぜひおためしあれ。

シーゲルさん

エンブオー+ファイヤー(0-3)(3-5,0-6,0-1)

エンブオーの特性「れっからんぶ」で炎エネルギーをたくさんつけ、
ファイヤーのワザ「やまやき」でLOを目指します。
途中のドローはツボツボのポケボディー「はっこうえき」を用います。
殿堂はできることがたくさんある分、詰め込んだ結果、
何枚かしかないキーパーツがトラッシュされてしまうだけで困ります。
シーゲルさんはそこをうまく突いていました。しかしLOまでは至らず……。
次回もあっと驚くギミックで挑戦していただけそうで楽しみです!

あおがさん

カウンターゲンガー(0-3)(0-6,3-5,3-6)

ふえるうらみのゴースで、ワザ「クリープショー」のゲンガーをすばやく揃えて、
のろいのおふだやクロバットGでダメカンをばらまき、クリープショーの圏内に入れていきます。
れんれんさんのミュウきりこみターン同様、非V・GX系のデッキに対して決め手に欠けてしまったようです。
このデッキはDPbのゴーストが採用されていますが、
僕のオススメのゴーストはこれです。

まとめ

今回は殿堂ポイント緩和のおかげか、関係ないか、
いつもよりばちぼこに殴り合っていたように感じます。

ワンキルで終わってしまうのもつまらないですが、
多少のロックデッキやコンボデッキが環境に残るようにするのは
一つの案かもしれませんね…?(布石)

次回開催は、

9/27(日)19:30から開催です!

殿堂ポイントの変更はありません!

ぜひご参加ください!

ではではd(℃。)