【たいマックス】スターターセット水をロロたんぬ式に強化してみた!

2019/12/01更新 - 2019/11/29投稿

おはこにゃばちにんこ。
ロロたんぬです。

大変喜ばしい話です。
とてもいいことです。
嬉しくて小躍りしてます。

……昔話から入ります。

ロロたんぬはかつてただ一つのデッキを使い続け、
ジムチャレンジに参加すると
「今日もあのデッキでしょ?」
って言われるほどには顔とデッキが一致していた時期がありました。

それは、

カメックスとケルディオEXを組み合わせたカメケルデッキ。

カメックスの特性「ばくりゅう」でケルディオEXに
どしどしエネルギーをつけて、
ワザ「しんぴのつるぎ」高火力で押し切るデッキ。

僕はこのカメケルデッキで、
CLクラスの大会でベスト8をとったこともあります。
(……上位入賞はそれきり、ですが…)

今回はそのだいすきなワザ「しんぴのつるぎ」が
再登場したということで、

スターターデッキ水を使ったデッキをいくつか提案させていただきます!
結構まじめに考えたので、皆さん真似してみてください!

水エネどしどし!新生カメケルデッキ

…誰がスタンダードだと言った?

しんぴのつるぎと言えば、もちろんばくりゅうカメックスと組み合わせたカメケル!

それを現在のエクストラと組み合わせるならこんな感じ。

クイックボールの登場で、能動的に手札を減らしながら、
シェイミEXやカプ・テテフGXにアクセスしやすくなっています。
アオギリの切り札の成功する確率がグンと上がったと思います。

ケルディオVのダメージラインは
3エネ140
4エネ170
5エネ200
6エネ230
7エネ260
8エネ290
と、
主要なHP帯である
210、240、270、300をワンパンするには絶妙に足りません。

オルタージェネシスGXやこごえるせかい、こだわりハチマキと組み合わせて、
倒したいダメージラインに届くようにしています。
流行のレシゼクデッキに合わせて、
ピッピやカプ・レヒレGX、ウソッキーで対策してる感じにしてあります。

レヒレのハイドロシュートめちゃくちゃ強いと思うんですよね。

相手もだんまり!やぶれかぶれむおんだんデッキ

次はインテレオンを使ったデッキも作ってみました!

誰がエクストラだと言った???

インテレオンのワザ「むおんだん」は
相手の手札を1枚トラッシュするということで、
もっとゴリゴリに手札に干渉するデッキを作ってみました。

皆さん大好きやぶれかぶれ。
スタンダードはおろかエクストラですら使えません。

そんなやぶかぶが殿堂になると
ギラティナも同じポケパワーを持っています。

極めつけはギラティナLv.X。
このポケモンが場にいるだけで、
相手は手札を1枚トラッシュしないとワザが使えなくなります。

また、これは殿堂ポイントのかかったマニューラ。
進化した時、相手の手札を”見ながら”トラッシュできるぶっ壊れカード。

やぶれかぶれで手札を減らして、
マニューラで手札のサポートをトラッシュし、
レベルアップして、相手自身に手札を捨てさせ、
さらにむおんだんで手札をトラッシュします。

ドロサポが引かれないかぎりは、
相手は一生展開できないまま、むおんだんの餌食になります。

サポートは
アオギリ+マツブサ+ゲーチス+グズマっていう、
喜ぶ人は喜びそうな構築。

水エネどしどし!新生カメケルデッキ2

茶番はここまで。このあとはまじめに新スタンダード。

スタンダードでもカメケルだ!!!

この構築の仕方、昔からポケモンカードやってる人は
めちゃくちゃ共感してもらえると思います。

ドロサポ!!!!
ボール!!!!
アメ進化!!!!
つよい!!!!!!!!

って感じの構築。

じてんしゃやマルマインの代わりに
シルヴァディGXを1-1で採用しています。
一応殴れるので強そう。

終盤のパワースコール用に
エネルギー循環装置やふつうのつりざおもいいけど、
スプラッシュメーカーでエネルギーつけたいので、
エネルギー回収にしました。
山に返したいときはシロナで戻そう(また引いてくる)。

おわりに

スターターセット水について語ろうと思っていたつもりが、
ケルディオVの構築について考えるしか語ることがなく……

この子達、
こんな感じでしか組めないんじゃないかな………

でも、
エクストラがマジで一番いいデッキになってると思うので、
みんなばくりゅうケルディオVしような!

ではではd(℃。)

この記事の情報

2019/12/01更新 - 投稿

【たいマックス】スターターセット水をロロたんぬ式に強化してみた!

アバター

投稿者:ロロたんぬ

元ギョーカイ人。 ドラマは本編よりも間のCMが好き。 可愛いものに囲まれて生きてゆきたい。

コメント(0)


関連記事