2017.03.11 * トイデッキレシピ

第2回たいあたりジム『アローラコンストラクション』デッキレシピ②【ルナアーラ】

1/28に開催しました第2回たいあたりジム『アローラコンストラクション』で、
参加者の皆様が使用していたデッキを、僕の解説つきで紹介させていただきます。

15名の方々のデッキを撮影させていただきましたので、
全5回+僕とイラクサくんで作った貸出デッキも含めて6回でお送りいたします。

2回目は、今大会最も使用者が多く、成績も2位、3位、5位と好調だったルナアーラのデッキの紹介です。
3名の方のデッキを撮影させていただきました。

①よわしさん

ポケモン サポーター グッズ・スタジアム エネルギー
コスモッグ 3 プラターヌ博士 4 ハイパーボール 4 基本超エネルギー 9
コスモウム 2 N 2 ネストボール 2
ルナアーラGX 3 リーリエ 2 バトルサーチャー 4
ヤレユータン 2 ククイ博士 1 まんたんのくすり 3
ジジーロンGX 1 フウロ 1 ピーピーマックス 4
レックウザ 1 フラダリ 1 ふしぎなアメ 3
ケンタロスGX 1 エネルギーリサイクル 1
こだわりハチマキ 2
月輪の祭壇 4
13 11 27 9

■解説

ポケカ歴がまだ浅いにもかかわらず正確なプレイングで準優勝したよわしさんのデッキです。
特徴は、他のルナアーラデッキでは組まれることの多い『ルナアーラ』(非GX)や『エーフィGX』を採用せず、
『ジジーロンGX』『ケンタロスGX』『ヤレユータン』『レックウザ』という、汎用性の高い無色のポケモンで構成されている点です。
本人に『ルナアーラ』を採用しない理由を聞いたところ「特にルナアーラのワザで倒したい相手がいないから」ということで、
環境内のデッキを研究されたことが伺えました。
たしかに『ルナアーラ』は『ルナアーラGX』がいること前提の運用となりますが、
2進化ラインを2体立てるなら、その分無色のたねポケモンを展開して幅のある動きをしたほうが強いことが多かったです。
アローラコンストラクションという、ドローやサーチの弱い環境で無理をせず最大限の成果を出せるデッキを作ったところが彼らしいです。

②しましまさん

ポケモン サポーター グッズ・スタジアム エネルギー
コスモッグ 4 プラターヌ博士 3 ハイパーボール 4 基本超エネルギー 10
コスモウム 2 フウロ 1 ネストボール 2
ルナアーラGX 2 リーリエ 2 バトルサーチャー 3
ルナアーラ 3 ククイ博士 2 まんたんのくすり 2
イーブイ 3 ハウ 3 ピーピーマックス 3
エーフィGX 2 フラダリ 1 ふしぎなアメ 4
こだわりハチマキ 2
月輪の祭壇 2
16 12 22 10

■解説

 

このデッキを一言でいうなら「初心者にもやさしいルナアーラ」だと思います。
バトルサーチャーやピーピーマックスなど、SMから始めた方には若干価格が高めのカードの採用が控えめになっており、
かわりに『ハウ』などの入手しやすいカードが多めに入っている印象があります。
限定構築においては、「限られた場面でできる強い動き」よりも「安定した動き」が優先されるということを体現しています。

③きよねさん

ポケモン サポーター グッズ・スタジアム エネルギー
コスモッグ 4 プラターヌ博士 4 ハイパーボール 4 基本超エネルギー 10
コスモウム 2 N 4 ピーピーマックス 4
ルナアーラ 2 フラダリ 2 バトルサーチャー 4
ルナアーラGX 3 まんたんのくすり 3
イーブイ 4 ふしぎなアメ 3
エーフィGX 3 月輪の祭壇 4
18 10 22 10

 

■解説

 ルナアーラに限らず今回のすべてのデッキの中で、最もシンプルで美しいデッキレシピです。
というのは、採用しているカードの種類の少なさを見れば一目瞭然で、1枚積みのカードもありません。
中打点に対して、トランスまんたんでダメージをクリアしながら攻撃するというメインコンセプトに忠実に戦うため、
それ以外の要素を切り捨てているレシピです。
マッチングの相性が若干悪く、決勝に上がれませんでしたが、初心者の方は(特に限定構築では)デッキに要素を詰め込みすぎるのではなく、
主要な動きをするカードをなるべく太くするようなデッキレシピを目指してほしいです。

■総評

強い動きのできるパーツがなかなか使えない今大会において、トランス⇒まんたんというシンプルで強い解をもったルナアーラは、
やはり使用者も一番多く、他のプレイヤーを苦しめました。
ルナアーラを1撃で倒すカードが非常に少なく、かつ特性ロック・グッズロックに引っかからないため、
通常レギュレーションよりも活躍させることが容易だったのかもしれません。
相方をエーフィGXにするか無色タイプにするかは、他のデッキの読みと、好みにかかわる問題かもしれませんが、
非GXのルナアーラは、手間に見合った活躍ができるのかという点が課題になりそうです。
次回アロコンZでも変わらず、ルナアーラを1撃で倒せるポケモンは少なそうなので、引き続き要対策のデッキです。