【打倒Vmax!】ふらだりや~第2回~主催レポート【失敗…】

2020/06/15更新 - 2020/06/13投稿

ポケモーニング!!
先日6/4(木)に二回目を開催した、35歳以上限定オンラインイベント「ふらだりや」のレポートを書きました!!
※最初はお試しで「第0回」としていましたが、二回目以降もそんなに内容が変わらず、ただカウントが面倒なだけだったので「第0回」を「第1回」に、「第1回」を「第2回」に訂正しています。

ついつい仕事帰りに寄ってしまう、めちゃくちゃ居心地のいい居酒屋みたいな雰囲気を目指しています!

「ふらだりや」とは?

【6/4(木)募集中】35歳以上限定対戦会「ふらだりや」

6/18(木)まだ空きあります。

申請はこちらから

※もう二度と木曜にはやらないと言ったような気がしましたが、6月の金曜がちょっとどこも都合が悪く、また木曜開催になります。
僕は金曜に有給を取得しました。よしなに。

レポート

第一回のレポートはこちら

【居心地の良さ】ふらだりや~第1回(初回)~主催レポート【半端ない】

前回とは社会の情勢も変わり、首都圏でも緊急事態宣言が解除され、あれよあれよという間にジムバトル再開のお知らせが。
そんな中でも、オンラインの良さは変わらないよね、ということで第二回ふらだりやがはじまりました。

前回参加してくれた方3名と、新規の方3名というちょうどいいバランスでスタートしました。
6名だったので主催2名も参加できました。

オンラインのイベントって、みんなが対戦しているところを練り歩く、みたいなことがしづらいので主催のほうの楽しみが少なくなりがちな面があると思います。
まあ一度主催でないバージョンもやってみたいと思いますが、つまんないようなら定員6名にするのもありだなと思いました。

どっちが新規の方が入りやすいんですかね。

対戦

デッキはこんな感じでした。

優勝は安定して強かったモクナシ×ゴリラ×ゴリラ を使用されたGR前田さん。ゴリラ対決で負けました。(後述)
二位は夢特性エースバーン配布にちなんで、ソウルバーナーからエースバーンが出てくるカッコいいデッキを使用されたじーぴーさん。
三位はべろべろらんぶのベロベルトを使用されたもじゃさん。テクニカルなデッキが多かったのか、妨害が刺さったようです。

注目なのはヤミラミV、カミツルギ、カイロスと、高HPのポケモンをワンパンできるようなジャイアントキリングを狙ったデッキが非常に多かったことです。
カラマネロも強い相手の力を利用するという意味では似てるかな?

そしてふたを開けてみれば仮想敵のデッキに全然あたらないという、こんなのもジムバトルあるあるな気がします笑
そんななかでも最後に優勝したのは唯一のVmaxデッキなのも面白かったですね。

打ち上げで、「このイベントがあるから使えるカードがある」という声をいただきました!
そんな「場」を提供できることがうれしいですね!!

打ち上げ

打ち上げもまた性懲りもなく深夜まで語り合ってしまいました。楽しい…。

話した内容はアルコールの影響で翌朝にはすべて忘れてしまうのですが、そんなこともあろうかと手元にメモを用意しているので安心です。エライ。

飲み会の内容を全部文字おこししちゃうのは無粋ですが、面白いトピックがあったので、書いていきます。

ジムバトルの「ちょっとのぞいてみる」をどうやって再現するか

ジムバトルって、何度も足を運んでいるとどんどん知り合いが増えて、お店の人にも顔覚えてもらって、どんどん居心地よくなりますよね。
この『ふらだりや』でもその「ジムバトルの居心地のよさ」みたいなものを目指しているので、だんだんと居心地がよくなっていくはずなんですが、
やっぱり「最初の1回」ってすごくハードルになりますよね。

で、そこをどうやって超えてもらえばいいのか、みたいな話をしたときに、
「ジムバトルって、参加しないけどやってる時間帯に一回フラっと遠くから雰囲気眺めてたりしますよね。」って話になりました。

僕もそういう経験あって、やっぱり初めていったジムバトルとか、初めての場所に参加するときって、普通のお客さんに紛れてちょっと偵察したり、ジムバトルやってない時間に来てみたりしました。
実際、ヤナトイナイトとかもわざと人がたくさんいるバトロコでやることで、近くにいる人がなんとなく「面白そうだな」って思ってくれる。みたいなのを狙ってたりしますし。
「参加はまだ早いけど中を見てみたい」っていうのはすごく共感できる感情なんですよね。

とはいえ、オンラインだとそれが非常難しいんです。
大きな部屋にたくさんの人がいるわけではなく、一対一の個室で対戦しているわけですから、そこでこっそりと見学するというのがどうしてもやりにくい。
どうしても「今観戦してます!」って感じが出ちゃうんですよね。

また、オフラインのイベントであればイベント中の全体風景を写真に収めることにより大体どんな感じの雰囲気かつかみやすかったりするんですが、
オンラインだと風景は自宅だし、画面だけ見てもイベントの雰囲気っていうのは伝わりづらいんですよね…。

撮れてこんな感じの写真です。

配信ってなるとちょっと構えちゃうこともあるので、短くても動画とかにするのがいいんですかね。
という感じのことを悩んでいます。いろいろ試してみたいですね。

そういう意図もあって、このレポートでも毎回デッキ紹介だけじゃなくて、どういう話をしたのかみたいなことも書いていくと、ちょっとでも中身を知ってもらえるのかなーと思いました。
周囲に出たそうな人がいたらぜひ誘ってください!

参加いただいた6名のオヤジの皆さん、ありがとうございました!

嬉しい感想をちょっと紹介させていただきます!

おまけ:使用デッキ『白レックリバイバル』

コンセプト

前回は「フラダリ」にちなんだ『フラダリオールスターズ』というデッキだったので、今回は「シェイミ」にちなんだデッキにしようかと。

前回もつかわなかったシェイミは入っていたのですが、「フラダリシェイミ」のシェイミはスカイフォルムですからね。
そんなわけで今回は『シェイミ◆』を基軸としたデッキにすることに決定。

シェイミ◆といえば、2018に日本一になったレックウザGXの相方が有名なので、相方はレックウザGXに。
レックウザGXはドラゴンタイプですが、カード検索してみたら「こいつ、白レックじゃん!」となったので、デッキ名が白レックに。

ピーピーマックスもクワガノンもないので、相方はゴリラになりました。

レシピ


【デッキコード】cxcGxD-GXUHVz-c488cG

まとめ

これからも継続的に開催していきますので、ちょっと立ち寄ってみようかな、と思ったオヤジの皆様はぜひ、いつでもご参加ください!

この記事の情報

2020/06/15更新 - 投稿

【打倒Vmax!】ふらだりや~第2回~主催レポート【失敗…】

トイ

投稿者:トイ

元イベント屋。ファンデッキであそびましょう。 Twitter@101pokeca

コメント(0)


関連記事