【たいマックス】博士の研究が強い!構築の仕方が大きく変わる!

2019/12/18更新 - 2019/12/06投稿

おはこにゃばちにんこ。 ロロたんぬです。 最新弾ソード・シールドがいよいよ発売です! サンムーンから大きく変わるのは サポートカード 「博士の研究(マグノリア博士)」 の登場! 手札をすべてトラッシュし、 7枚引くという、超強力サポート! これまでのサンムーンレギュレーションでは、 ブルーの探索や、グズマ&ハラといった、 サーチカードによってその場その場で必要なカードを サーチしてくる展開が多く見受けられました。 これからは違います! 小賢しいカードは全部捨てて、 山札から勝利札をググイとひきよせる!! サーチ主体の構築から、 強いカードは4枚!という構築に 大きく変わるのです! そこで、スターターセットVを軸に、 最新弾ソード・シールドのカードを使って デッキを作ってみました! 参考にどうぞ!

スターターセットV草

草タイプには強力なグッズ「ネットボール」があり、 クイックボールと組み合わせて たねポケモンが並びやすいデッキになっています。 そのため、モクロー&アローラナッシーのワザ「スーパーグロウ」が決まりやすく、 ゴリランダーの特性を早いうちから決めることができます。 アタッカーにセレビィVやフェローチェ&マッシブーンGX、 余ったネットボールの枠をツチニンに割くことで、 デッキ全体の耐久力も上げることができています。 長期戦を見据えた構築になっているため、 相手の動きを止められるように、 エール団のしたっぱやワンダーラビリンスを入れています。 やることは簡単です。 マグノリアで全部引く。 ゴリランダーを進化させる。 長期戦で勝つ。

スターターセットV炎

特性「リベロ」を持つエースバーンが非常に強力です。 エネルギーをつけて、入れ替えをすれば190ダメージが出せます。 ワザでトラッシュした後も、また入れ替えをすればすぐに190ダメージ! ジラーチの特性「ねがいぼし」でふしぎなアメやしんかのおこうをそろえつつ、 エースバーンを進化させて、190ダメージを速攻で叩き込んでいきたいところ。 炎エネルギーをトラッシュに送りやすいように、 マグノリアだけでなく、 キュウコンやマオ&スイレン、スタジアムを採用しています。 やることは簡単です。 マグノリアで全部引く。 リベロを駆使しながら190ダメージを連打する。 たくさんいれかえて「ねがいぼし」も使っていこう。

スターターセットV水

特性「ひょうせつのまい」を持つモスノウが最高にかわいい。 好き。 ユキハミがかわいい。 好き! ケルディオVと相性がいい。 好き!! 先日記事でも触れた”カメケル”の再来です。 せっかくゴリランダー、エースバーンときたので、 インテレオンを入れた、モスノウ水バレットを組んでみました。 「ひょうせつのまい」を使って、 相手に合わせたポケモンで戦いながら、 その都度必要なカードをジメレオン・インテレオンの特性「うらこうさく」でそろえます。 やることは簡単です。 マグノリアで全部引く。 モスノウで水ポケモンを育てる。 「うらこうさく」で勝利札を手繰り寄せる。

スターターセットV雷

モルペコVのワザ「スパーク」で相手を手負いにして、 カプ・コケコVやピカチュウ&ゼクロムGXで詰めていきます。 クイックボールのおかげで、デデンネGXが使いやすくなっています。 デンジは雷とグッズ1枚ずつしか持ってこられませんが、 マグノリアなら欲しいカード2枚に加えて、さらに5枚引ける可能性を秘めています。 以前よりも後攻1ターン目のフルドライブが決めやすくなっているのも、雷デッキの特徴です。 やることは簡単です。 マグノリアで全部引く。 スパークやスパイクドローで相手を手負いにする。 フルドライブやサンダーボルトでとどめ。

スターターセットV闘

ディアンシー◇の特性「プリンセスエール」や スタジアム「格闘道場」のおかげでダメージが増やしやすい闘タイプ。 レジロックVだけでなく、 イシヘンジンVmaxを使って大ダメージを狙いに行きましょう。 ジガルデのワザ「ブーストファング」を使って 相手にダメージを与えながら、ポケモンVにエネルギーを集めていきます。 へるさんのスターターセットV闘の構築も参考にしてください!
【たいマックス】デッキはサイクルで改造しよう【スターターV闘改造】
イシヘンジンVmaxでは、 ブーストファング80+ダイロック200で三神が倒せる、 ダイロック+プリンセスエール+40格闘道場で、 「鋼鉄のフライパン」をもつザシアンが一撃で倒せます。 やることは簡単です。 マグノリアで全部引く。 エネルギーをイシヘンジンVmaxに蓄える。 ダイロックですべてを粉砕する。

おまけ(本題)

ロロたんぬが最新弾で一番目を付けたのは、 ダイオウドウ ごうわんノーズは、エネルギー3つで220ダメージも出すことができて、 1進化ポケモンにしてはとてもコスパの良いワザです。 デメリットはワザが使えないことなので、使いにくいです。 しかし。 マオ&スイレンやすごいきずぐすりで回復をすると、 ぎりぎりまでダメージを受けていても、 ダメカンの数が6個以下になり、 もう一度ごうわんノーズが使えるようになります。 ポケモンのどうぐ「ジャイアントボム」と足し算すると、 ほぼすべてのポケモンを倒すことができます。 やることは簡単です。 マグノリアで全部引く。 入れ替えを多用して 「メタルソーサー」や「ふとうのつるぎ」で 場にエネルギーを貯める。 回復しながら戦う。 このデッキパワーに 誰もついて来られない…… ─── No One Goes.

まとめ

マグノリアで全部引く。 つよい。 これからの時代は、 リセットスタンプやナイトウォッチャーで 手札を減らしたとしても、 相手が事故りさえしなければ意味がありません。 次の番にマグノリア博士を引いてこられるのが関の山です。 これからの構築は、 どんどんマグノリアに依存していきます。 各所のシティリーグ、チャンピオンズリーグでの 活躍を期待しています! ではではd(℃。)

この記事の情報

2019/12/18更新 - 投稿

【たいマックス】博士の研究が強い!構築の仕方が大きく変わる!

アバター

投稿者:ロロたんぬ

元ギョーカイ人。 ドラマは本編よりも間のCMが好き。 可愛いものに囲まれて生きてゆきたい。

コメント(0)


関連記事