【デッキ紹介】カメカメゲコゲコミュウミュウ【ヤナトイ】

2019/09/27更新 - 2019/07/27投稿

ひらじです。
CLがオフシーズンなので気さくにヤナトイで遊んできたよ~~デッキ紹介です。

使用デッキ:カメカメゲコゲコミュウミュウ


【デッキコード】QgQigL-F3bSiv-6PNnLP

コンセプト

・ミュウツー&ミュウGXのパーフェクションだいほうすいGXでエネルギーを展開!
・スプラッシュメーカーで耐久!
・場にエネルギーが出尽くしてしまったらロケットスプラッシュorおぼろぎりで山札へ循環!

 

デッキが出来るまで

カメックス&ポッチャマGXで耐久に振ったデッキ組みたいなぁ、がスタートライン。

脳内シミュ段階で出てきた課題が以下の2点

①エネの重さによる初動のもたつき

ベンチにしか付けられないアクアパッチに依存してしまうと、必然的に入れ替え手段への依存度も上がってしまう。

2ターン目までに水エネをトラッシュしつつ手張り2回+アクアパッチ+入れ替え、と考えるとなかなかハードルが高い。
上記の解決策としてマキシが浮かぶが、かなり水エネを厚くしないと安定して使えない上、スプラッシュメーカーを打ち始めた以降の「エネを手札に持って来たい」という需要にやや噛み合いにくくなる。

ワザエネに無色1枠があるので、エネ+グッズサーチができるデンジ・1エネ加速できるマツリカが候補に挙がったが、エネ=スプラッシュメーカーでの回復ソースと考えると水エネ以外採用したくない為却下。

 

②スプラッシュメーカーだけだとエネが手札→盤面への一方通行

スプラッシュメーカーを打つだけで3エネ要求する上、回復のために手札からバンバンエネを貼ってしまうとそう少なくない回数で山・手札のエネが尽きてしまう。
何かしらエネを循環させるギミックが欲しいが、バリヤードで止まるアセロラやダッシュポーチにも依存したくない(わがまま)。
先述のアクアパッチの利用も兼ねて釣り人等のトラッシュ経由での循環も考えたが、序盤で腐るのであまり厚くもできない。

 

解決策カメックスGX


上記2点をなんとか出来んかなぁとカードリストを漁ってたら出会ったのがカメックスGX。2進化だがGXなのでミュウツー&ミュウGXで初動からワザを利用できる。
だいほうすいGXが1エネで打てる”手札からのエネ加速”なので、スプラッシュメーカーのエネの重さをカバーしつつ「エネを手札へ持って来る構築」とよく噛み合う。
さらにロケットスプラッシュはスプラッシュメーカーで場に溜まったエネルギーを山札に戻して循環させてくれる。
十分なエネが展開できていればタッグチームワンパンの大打点を狙える為、だいほうすいGXを打つ=バブルランチャーGXを打てないというデメリットもある程度カバーしてくれる。
凄いぞカメックス!

 

おしゃれ枠ゲッコウガGX


ミュウミュウを使うなら他に何かギミック組み込みたいなぁと考え思いついたのが2種のゲッコウガ。
おぼろぎりで山に帰ることが出来れば、スプラッシュメーカーでは回復が追い付かない大ダメージもさばける。
大打点を出す必要のない相手なら、ロケットスプラッシュと違って被ダメージを帳消しにしながらエネルギーを循環できるのもグッド。

実写版ゲッコウガGXはお馴染みフーパ対策になる事はもちろん、先攻なら手張りで育てつつ相手の後1カキ等を先2ダークミストGXで妨害→3ターン目からスプラッシュメーカーというプランも取れる。

カメックスもそうだが、ミュウミュウでスタートしたい構築なのでスタートポケモンにならないのが非常にありがたい。
渋いぞゲッコウガ!

 

トレーナーズ調整

やりたい事・やらなくちゃいけない事から逆算
・初動で安定してカメックスGXを、その後もゲッコウガGXをスムーズにトラッシュへ送りたい。
・だいほうすいGXを打つ時にはベンチにもミュウミュウ(orカメックスポッチャマ)を準備しておきたい。
 →ポケモンを持って来る(&トラッシュする)要求が大きい為プレシャスボール4枚、ハイパーボール4枚。
  →さらにその2枚を組み合わせて持って来れるぼんぐり職人を採用。初動で使いたいが4枚は流石に過剰なので3枚。
 →カメックスGX等や余ったぼんぐり職人をトラッシュしつつエネを持って来れるのでトキワの森も4枚。

・だいほうすいGX・スプラッシュメーカーの為にとにかく手札にエネを持って来たい。
・ロケットスプラッシュ・おぼろぎりで場→山へエネが動くため、山→手札へ持って来れればエネの循環が完成。
 →おじょうさま4枚、そこへ触れるポケギア3.0を4枚

 →ドロー枚数を期待できるドロサポの採用
  →タッグ構築なのでコーチトレーナー4枚
  →手札の消耗が激しいのでリーリエ4枚
  (ハラはリスクを考え不採用)

・カメックスポッチャマでスタート時にはスムーズにミュウミュウと入れ替える必要あり
・その際サポートは使いたくない(初動はぼんぐり職人orおじょうさまを使いたい)
 →あなぬけのヒモ4枚
 →おじょうさま等を頻繁に使う為、打つタイミングが少なそうなグズマは2枚。

・ヤナトイだしブロアーとリセットスタンプは要らないかぁ
 →要らないやぁ

そんな感じで完成。

 

当日の様子

各カードが厚いシンプル構築なのもあり、やりたい事はだいたい出来ました!
4枚採用のおじょうさまが思惑通り終始腐ることなく仕事してくれたので満足。


ブロアー不採用でメモリシルヴァディにシバかれるの図。

ヤナトイ用に組んでみたデッキでしたがスタンプ等投入して調整すれば環境でもゴリゴリ戦えそうなポテンシャルを感じました!だいほうすいGXが気持ちいい!
エネぐるぐるするの楽しいので是非使ってみてね!

この記事の情報

2019/09/27更新 - 投稿

【デッキ紹介】カメカメゲコゲコミュウミュウ【ヤナトイ】

投稿者:ひらじ

ちょっと目を離すと変なデッキとか作ってる人。 Twitter : @hirazisora

コメント(0)




関連記事