17/12/13 サンムーンレギュレーション使用可能ポケモンの紹介 その1 草タイプ

草タイプ

アタッカー

グソクムシャGX (SM3N)


現環境スタンダードレギュレーションで名を馳せるメインアタッカー。
ワザ「であいがしら」は草エネ1枚で120ダメージを出せるコスパの良さは随一。
うまく場に残れたらワザ「アーマープレス」でさらに耐久したり、
GXワザ「ザンクロスGX」でベンチに控えたりできる、めちゃくちゃ器用なやつ。
しかもその強さは特性に依存しないため、妨害されにくい。

 

 

カプ・ブルルGX (SM C) (SM2+)


ワザ「しぜんのさばき」で180ダメージを叩き出すたねポケモンの中での最高水準アタッカー。
後述の”クワガノン(SM1M)”の特性「ストロングチャージ」と組み合わせることで毎番180ダメージを狙える。
ダメージが溜まってきたらGXワザ「カプワイルドGX」。
150ダメージで相手をきぜつさせながら全回復できると最高。次の自分の番の「しぜんのさばき」で追い討ちをかけろ。

 

 

ラランテスGX (SM1S)


ワザ「フラワーサプライ」が非常に優秀なアタッカー。
トラッシュの草エネルギーを
自分自身につけて次の自分の番にGXワザ「クロロサイズGX」を使ったり、
ベンチポケモンにつけて次のアタッカーを育てたりできる。
ワザ「ソーラーブレード」で回復しながら耐久もできるので”グソクムシャGX(SM3N)”と同じく器用なやつ。

 

 

ジュナイパーGX (SM A) (SM1+)


スタンダードレギュレーションで特性「フェザーアロー」が猛威を振るった御三家GX。
毎番降り注ぐダメカンの嵐は相手にかなりのプレッシャーを与えられる。
GXワザの「ホロウハントGX」も非常に優秀。トラッシュのサポートカードを手札に加えて次の自分の番に備えるのだ。
サンムーンレギュレーションでも同じように使いたいところだが、
スタジアム”巨大植物の森”がないルール、”グレイシアGX(SM5M)”の特性「いてつくひとみ」により、やや向かい風。

 

 

リーフィアGX(SM5S)


最新弾「ウルトラサン」で収録された新しいイーブイの進化系GX。
特性「あおばのいぶき」の毎ターン50ダメージ回復という驚異の耐久力で倒されないようにしながら、
ワザ「ソーラービーム」で110ダメージを連打していく。
GXワザ「グランブルームGX」で一気に体制を整えて、対戦を有利にできる。
オススメの進化先は後述の”ラランテス(SM1+)”。特性「にほんばれ」で「ソーラービーム」のダメージを増やそう。

 

 

フェローチェGX (SM4+)


ワザ「ファストレイド」で先攻のはじめの番からワザが使えるずるいやつ。
ワザ「クルーエルスパイク」もダメージは少ないものの、状態異常のこんらんは非常に優秀なので、積極的に狙っていきたい。
こちらも”リーフィアGX(SM5S)”と同じく、”ラランテス(SM1+)”の特性「にほんばれ」と相性が良い。
スタンダードレギュレーションでは”ちからのハチマキ”や”巨大植物の森”のおかげで強く出られたが、
サンムーンレギュレーションでは少し火力不足に悩まされるかもしれない。

 

 

ひかるゲノセクト (SM3+)


ワザ「ガイブラスター」で大ダメージを狙える、ロマンあふれる色違いポケモン。
後述の”フシギバナ(SM3+)”の特性「みつりんのぬし」と組み合わせることで一度に210ダメージを出すことも可能。
特性「エナジーリロード」で必要なダメージを管理しながらスタイリッシュに戦える。

 

 

オーロット(SM2L)


ワザ「ポルターガイスト」は相手の手札を見て、その中のトレーナーズの数×30ダメージ。
ピンとこないかもしれないが、トレーナーズとは、グッズだけでなくサポートもスタジアムも含むため、
相手の手札が6枚あればほとんどの確率で90〜120ダメージを出すことができる。
サンムーンレギュレーションでは手札を多く残す戦い方をするデッキも少なくない。
GXポケモンを180ダメージで倒せた時の気持ち良さは格別。(0ダメージの悲しさも格別……)

 

 

ドダイトス (SM5S)


最新弾「ウルトラサン」で登場したシンオウ地方御三家のポケモン。
HP180という高い耐久に180ダメージを出せるワザ「じしん」を持った超大型ポケモン。
後述の”フシギバナ(SM3+)”と組み合わせたり、”超ブーストエネルギー(SM5M)”で一気に育てたり、
ワザ「じしん」を打てるようにするプロセスは様々。

 

 

カットロトム(SM5S)


かわいい。
新特性「ロトモーター」は9枚のポケモンのどうぐをトラッシュに置くことで、
ワザがエネルギーなしで使えるようになるすごいやつ。
カットロトムの場合のワザは「スペシャルカット」。相手の特殊エネルギーをトラッシュすることができる。
ダメージがやや少ないので、相手の場の状況から判断して使おう。
大問題は、いかにしてポケモンのどうぐを9枚トラッシュに置くか……。

 

 

アシスト系

シェイミ (SM3+)


シールド戦では大変お世話になったワザ「ぱたぱた」。
手札を毎番6枚にすることで序盤の動きを安定させることができる。
前の相手の番に自分のポケモンがきぜつしたら、ワザ「まきかえす」。120ダメージも出せてアタッカーへ変貌。
“カウンターエネルギー(SM4A)”と相性がいいので、このシェイミと一緒に手札に隠し持って、
場に出していきなり、ワザ「まきかえす」を宣言することで相手を驚かすこともできる。

 

 

ラランテス (SM1+) (SM4+)


草・炎デッキを大幅にパワーアップできる特性「にほんばれ」。
相手のバトルポケモンに与えるワザのダメージが+20される。
この効果、「にほんばれ」の数だけ重ねることができるので、
ラランテスを4匹、ベンチに並べれば+80ダメージ!
自身のワザ「ソーラービーム」も160ダメージになるので、アシストしつつもアタッカーに!
1進化の特性なので、”アローラベトベトン(SM1M)”の特性「かがくのちから」でもなくならない。

 

 

フシギバナ (SM3+)


前述のアタッカーに何度か登場した、特性「みつりんのぬし」を持つ。
基本草エネルギーを2個分として扱うことができるので、
基本草エネルギーを2枚つければ、ほとんどの草ポケモンのワザが使えるようになる。
エネルギーが多ければ多いほどダメージが上がるワザと組み合わせるもよし、
コストの重いワザを早くから使えるようにするもよし。
ロマンあふれるカントー地方の御三家ポケモンだ。
ただし、例によってスタジアム”巨大植物の森”がないので進化が大変…

 

 

ひかるセレビィ (SM3+)


特性「タイムリコール」で進化ポケモンが進化前のワザを使えるようになる。
後述予定の”ルクシオ(SM5M)”のワザ「でんじしょうがい」を、”レントラー(SM5M)”に進化させたあとに使える!!
というコンボがポニータ石井さんの動画で紹介されていた。
いろいろ悪さができるカードではあるが、サンムーンレギュレーションだと構築の幅は狭い。

 

 

マシェード (SM1M)


特性「はっこう」により、山札の草ポケモンを手札に加えることができるカード。
進化が大変な2進化ポケモンを確実に進化させたり、
進化先が違うカードが何種類か入っているデッキで、安定して欲しい方の進化先を手札に加えたり。
“リーフィアGX(SM5S)”のGXワザ「グランブルームGX」でベンチのネマシュをこのカードに進化させることができれば、
そのあとの試合展開が大きく有利にできる。

 

 

シェイミ (SM5S)


けしからんおなか。
今までのワザ「なかまをよぶ」とはうってかわって新しいテキストになった「てまねき」。
それぞれタイプの違うたねポケモンを3枚選んでベンチに出す。
タイプが統一されたデッキでは使いにくいが、
2種類以上の進化ポケモンを採用したデッキや、特性を持ったたねポケモンが採用されたデッキとは相性がいい。
スタンダードレギュレーションで流行りの『グソクゾロ』で言えば、
「コソクムシ、ゾロア、ウソッキーをベンチに出します」なんてことが可能。

 

 

草ポケモンの紹介は以上になります。
ウィンターバトルが終わる前に全タイプ紹介したいところ………

ではではd(℃。)

たいあたりジム 4.1.0

リンク
といぶろ
イーブイズの小屋
​トルネヤマのおふきながしページ
ポケアド

当サイトはファンサイトであり、株式会社ポケモン等とは一切関係ありません。また、それらの権利を主張するものではありません。
当サイトはGoogleChromeとFireFoxでの動作確認をしています。該当・非該当の環境を問わず、表示崩れ等がありましたらご指摘いただけると完成度の向上につながります。