おはこにゃばちにんこ。

ロロたんぬです。

一ヶ月ぶりですね。

去る7/16(月)、GXスタートデッキ構築戦が開催されました。
スタートデッキ構築戦とは

【イベント告知】GXスタートデッキ構築戦!【ロロたんぬ】

今回は、簡単にですが、
発想から実際の開催までのプロセスをレポートにしたいと思います。

 

 

企画・きっかけ

4月20日。

構築済み60枚デッキが500円で発売される!

という情報が発表されました。
その時点で、デッキの内容もすべて公開されており、
購買意欲がかき立てられることは必至でした。

今はページが消えていて見れませんが、
当時はテキストでデッキリストが閲覧できました。
(トイさんがまとめてくれています。 )

ここからポケカをスタートしよう!GXスタートデッキの内容を比較!!

「これはシールド戦に向いた商品だ…!!」

そう感じ取ったロロたんぬは、すぐさま考えを巡らせました。

1、どんな企画を立てるべきか。
2、どうすれば人々の興味関心を惹きつけることができるか。
3、金額面での折り合いをつけるには。

1、企画。

せっかくの構築済みデッキ、対戦しなくちゃもったいない。

でも、中身のわかりきったもので対戦するのは味気ない。

そこで、
「スタートデッキを用いた、人それぞれ違った構築での対戦形式」
が必要だと感じました。

2つのデッキを組み合わせることは、この時点で発想しました。

2、人々を惹きつける。

元ギョーカイ人として、
“どういう謳い文句を出せば、人々の関心を得られるか”
ということは常に念頭においています。

今回のGXスタートデッキに関して言うと、
(ーーースタートデッキを用いたイベントが乱立する……)
これは、容易に想定できました。

そのイベントの樹海で、自分のイベントを輝かせる方法、
自分のイベントを目立たせる方法を考えました。

…いえ、考えるまでもありませんでした。

誰よりも最初にイベントの告知を出すこと!

これで、自分のイベントが樹海に埋もれることなく、
目立たせることができるのです。
そのため、企画およびスケジュール、開催地の決定はかなり急ぎました。

3、金額面

開催地は、もちろん?バトロコ高田馬場です。
しかし、カードショップを借りる以上、
一定の参加費は徴収しなければなりません。

GXスタートデッキ2個を組み合わせるだけでは、
収益として不十分です。

スタートデッキとは別に参加費をいただく?
…それも、参加者を納得させる説明が難しい。

そこで、パック購入も参加費に含めることで、
企画自体を盛り上げつつ、
お店にもお金が落ちる仕組みにしました。

2デッキ+6パックという設定は、
150枚から構築する面白さ、という面もありつつ、
2000円という参加費として適切な額に落とし込むのに
非常にちょうどよい数字だったのです。

こうして、
4/20に発表されたGXスタートデッキを用いたイベント、
スタートデッキ構築戦は、

・7/16(月)、
・ババロコで、
・GXスタートデッキ2種+6パック購入

を条件にして、4/28という早い段階で告知しました。

準備

告知をしてから2ヶ月半。
かなり長い期間、準備に当てることができました。

参加者と連絡を取り合って
GXスタートデッキを準備、発注したり、
必要な拡張パックを仕入れたり、
海外から参加される方と、会ってお話しする機会もありました。

また、各地の公認自主イベントに参加し、
そこで開催の告知をさせていただいたり、
Twitterやこのたいあたりジムのページを使って告知を行ったり、
広報にも力を入れました。

2ヶ月半もあったせいか、
途中から告知の頻度が落ちたり、
参加者との連絡に見落としや確認ミスがあったのは反省点。

開催そのものに必要な準備物はほぼなかったので、
デッキの在庫だけは逐一確認し、ミスのないように気をつけました。
参加者にも、在庫がない場合を想定してもらうようにお願いをし、
万が一に備えていました。
結局は全員が希望通りのデッキで参加できる、
という素晴らしい結果に終わったのですが。

開催

当日は店舗側とも連携し、
・スタートデッキは主催から手渡し
・拡張パックはレジにて購入
という仕組みをとりました。
おかげでお金に関してはミスなく進行できました。

当日参加の枠も何名かいらっしゃって、
総勢20+3名(運営)でワイワイとマッチングしました。

開封の様子

対戦の様子

最多勝利賞を獲得したのは、
超・鋼+アローラの月光で
見事メタグロスGXを引き当てたミウラさん、

炎・雷+迅雷スパークで
サンダーマウンテン◇を使いこなした鯖さん、

この2名が3時間の対戦時間で5勝しました!すごい。

スタートデッキ、対戦自体はゆっくり進む想定をしていて、
3時間で4〜5試合くらい消化すればいい方かなと思っていましたが、
鯖さんは3時間で7試合をこなす速攻ぶり。

やはりGXポケモンが試合の主導権を握ったようです。

データ。
以下、参加者のスタートデッキ組み合わせ一覧です。

下3つは運営の選択です。
理由は推して測るべし……


以上、GXスタートデッキ構築戦は
このようにして開催されました。

スタートデッキで遊ぶ面白さ、
イベントを開催する面白さ、
ぜひ伝わればと思います。

ではでは。

関連記事

たいあたりジム 4.1.0

リンク
といぶろ
イーブイズの小屋
​トルネヤマのおふきながしページ
ポケアド

当サイトはファンサイトであり、株式会社ポケモン等とは一切関係ありません。また、それらの権利を主張するものではありません。
当サイトはGoogleChromeとFireFoxでの動作確認をしています。該当・非該当の環境を問わず、表示崩れ等がありましたらご指摘いただけると完成度の向上につながります。