【SM4シールド戦】『ウルトラビースト迎撃戦』参加者のデッキレシピを紹介!【覚醒の勇者】

SM4「覚醒の勇者」「超次元の暴獣」を使ったシールド戦公認自主イベント『ウルトラビースト迎撃戦』で参加者が使用したデッキを紹介!普段のレギュレーションではあまり見ないカードも活躍しています!「覚醒の勇者」では、《シルヴァディGX》《マッシブーンGX》、伏兵として《レジスチル》《クチート》などが活躍しました。

① 覚醒の勇者デッキレシピ
 ・みやたさんのデッキレシピ(3位)
 ・ネオさんのデッキレシピ(ベスト8)
 ・レッズさんのデッキレシピ
 ・あぽろさんのデッキレシピ
 ・アリアさんのデッキレシピ
 ・ハルさんのデッキレシピ
 ・いっすいさんのデッキレシピ
 ・ラウスさんのデッキレシピ
② 超次元の暴獣デッキレシピ
③ 総評(準備中)

【SM4S】「覚醒の勇者」デッキレシピ

みやたさんのデッキレシピ(3位)

1 カブルモ 1 リーリエ
2 カラナクシ 1 ハウ
1 トリトドン 1 ククイ博士
1 マッシブーンGX 1 グズマ
2 クチート 1 ロケット団のいやがらせ
2 ココドラ 1 マーマネ
1 コドラ 1 ハイパーボール
1 ボスゴドラ 1 ネストボール
2 レジスチル
1 シュバルゴ 6 基本闘エネルギー
2 カミツルギGX 8 基本鋼エネルギー
1 のぞきみレッドカード
1 グラジオ

《マッシブーンGX》1枚、《カミツルギGX》2枚を引いたみやたさんのデッキ。そのほかにも《クチート》2枚、《レジスチル》2枚と、引くべきカードをしっかり引いている非常にデッキパワーの高いデッキです。

迎撃隊の8枚のカードも、カードを引くカードやサーチができるカードが多く、安定感のある構築です。

変わったことをせず、毎ターンカードを引いて、戦えるポケモンにエネルギーをつけて、ワザを使うという基本に非常に忠実な戦略が高い順位につながりました。

ネオさんのデッキレシピ(ベスト8)

2 カラナクシ 1 リーリエ
1 ゴース 1 ハラ
1 ゴースト 1 グズマ
1 ゲンガー 1 アセロラ
2 トリトドン 1 ハイパーボール
1 マッシブーンGX 1 ネストボール
2 クチート 1 レスキュータンカ
2 レジスチル 1 ポケモンいれかえ
1 カミツルギGX
1 タイプ:ヌル 10 基本闘エネルギー
1 カウンターキャッチャー 6 基本鋼エネルギー
1 グラジオ

《マッシブーンGX》、《カミツルギGX》という2匹の強力なウルトラビーストを引いてベスト8になったネオさんのデッキレシピ。強力なたねポケモンGX2枚に加えて、《クチート》、《レジスチル》という汎用性の高いポケモンをそれぞれ2枚ずつ引いているため、安定感が非常に高いデッキになっています。

《カミツルギGX》が1エネで「スラッシュGX」をつかえるので、サポ―トとして《ハラ》が採用されているのもポイントです。

レッズさんのデッキ

1 カブルモ 1 リーリエ
2 カラナクシ 1 マーマネ
1 トリトドン 1 ククイ博士
1 クチート 1 グズマ
2 レジスチル 1 ハイパーボール
1 シュバルゴ 1 スーパーボール
1 チラーミィ 1 ネストボール
1 チラチーノ 1 ポケモンいれかえ
1 タイプ:ヌル
1 シルヴァディGX 6 基本闘エネルギー
1 カウンターキャッチャー 10 基本鋼エネルギー
1 サイキックメモリ
1 ファイトメモリ
1 グラジオ

《シルヴァディGX》と《タイプ・ヌル》を運よく引いた勇者レッズさんのデッキレシピ。《シルヴァディGX》を使える者の特権として、《ファイトメモリ》《サイキックメモリ》そして《グラジオ》まで入っておりビジュアル点が非常に高いのが特徴です。

安定感のある鋼タイプを中心に、《シルヴァディGX》や《アクジキングGX》に強い闘タイプの《トリトドン》が採用されています。

迎撃隊も安定感のあるカードで揃えられている使いやすいデッキです。スリーブはV2アサルトバスターガンダムらしいです。

あぽろさんのデッキ

2 サボネア 1 リーリエ
1 ノクタス 1 ハウ
2 カブルモ 1 マーマネ
1 カラナクシ 1 ロケット団のいやがらせ
1 トリトドン 1 スーパーボール
1 クチート 1 ネストボール
1 ココドラ 1 あなぬけのヒモ
1 コドラ 1 ムキムキダンベル
1 ボスゴドラ
1 レジスチル 5 基本草エネルギー
2 シュバルゴ 2 基本闘エネルギー
1 カミツルギGX 8 基本鋼エネルギー
1 カウンターキャッチャー
1 グラジオ

《カミツルギGX》を引いたあぽろさんのデッキ。《シュバルゴ》《ノクタス》《トリトドン》という、エネルギー効率の良い1進化ポケモンを中心に戦うデッキなので、《ムキムキダンベル》が採用されているのが非常に巧いですね。

《グズマ》の代わりに《あなぬけのヒモ》が採用されているのも軽量で動けるポケモンでテンポを落とさない戦略にマッチしていると思います。

アリアさんのデッキレシピ

枚数 名前 枚数 名前
1 サボネア 1 リーリエ
1 ノクタス 1 ハウ
2 カラナクシ 1 ポケモンブリーダー
2 ヤトウモリ 1 ビッケ
1 エンニュート 1 ハイパーボール
2 トリトドン 1 スーパーボール
1 クチート 1 ネストボール
1 レジスチル 1 ポケモンいれかえ
1 カミツルギGX
1 ムックル 4 基本草エネルギー
1 ムクバード 3 基本超エネルギー
1 ムクホーク 5 基本闘エネルギー
1 タイプ:ヌル 3 基本鋼エネルギー
1 グラジオ

《カミツルギGX》を引いたアリアさんのデッキレシピ。幅広いタイプの強力なポケモンを採用しており、4色混合のデッキとなっています。

《ビッケ》という珍しいカードが採用されていますが、相手の手札が少ない状態で使用すると相手の想定を崩せる可能性があります。

迎撃隊のサポートがみんなかわいいのもアリアさんらしいデッキのポイントだと思います。

ハルさんのデッキレシピ

3 ドンメル 1 リーリエ
2 バクーダ 1 ハウ
3 ヒトデマン 1 ククイ博士
2 スターミー 1 マオ
1 クチート 1 アセロラ
1 レジスチル 1 グズマ
1 カミツルギGX 1 ハイパーボール
1 チラーミィ 1 モンスターボール
1 チラチーノ
1 カウンターキャッチャー 8 基本炎エネルギー
1 グラジオ 7 基本鋼エネルギー

《カミツルギGX》や《スターミー》で山札に逃げながらサイドカードを取られないように立ち回り、エネルギーのついた《バクーダ》で相手を倒すデッキです。

《バクーダ》以外の《チラチーノ》や《レジスチル》などのポケモンが少ないエネルギーでワザが使えるため、《バクーダ》にエネルギーが付きやすいのがポイントです。

実際の対戦では、《バクーダ》のワザがコインに依存するワザなので、それにより展開が大きく変わってしまったようです。

いっすいさんのデッキ

2 アローラガラガラ 1 リーリエ
1 ドンメル 1 ハウ
2 バクーダ 1 ポケモンブリーダー
2 カラカラ 1 マーマネ
1 レジスチル 1 カキ
2 ムックル 1 ハイパーボール
1 ムクバード 1 スーパーボール
1 ムクホーク 1 ポケモンいれかえ
2 チラーミィ
1 チラチーノ 10 基本炎エネルギー
1 タイプ:ヌル 4 基本鋼エネルギー
1 のぞきみレッドカード
1 グラジオ

惜しくもGXポケモンを引くことができなかったいっすいさんのデッキ。エネルギー加速のできる《レジスチル》以外のポケモンがすべて炎エネルギーで動けるポケモンとなっているため、エネルギーの事故がおきづらいデッキです。

そのため、《カキ》が採用されているのもポイントです。

ですがやはり非GXの1進化ポケモンだと、相手の高火力のポケモンに対して対処が追い付かない場面も多かったようです。

自主的に練習をされていた時にはすごく強い引きだったのが非常に残念です。

ラウスさんのデッキ

2 サボネア 1 リーリエ
1 ノクタス 1 ハウ
1 カラナクシ 1 ククイ博士
2 エモンガ 1 マオ
1 トリトドン 1 グズマ
1 クチート 1 スーパーボール
2 ムックル 1 学習装置
1 ムクバード 1 こだわりハチマキ
1 ムクホーク
1 チラーミィ 5 基本草エネルギー
1 チラチーノ 5 基本雷エネルギー
1 カウンターキャッチャー 6 基本闘エネルギー
1 グラジオ

残念ながらGXポケモンを引けず、《レジスチル》や《タイプ:ヌル》などの強力な非GXポケモンも引けなかったラウスさんのデッキ。

しかしこれでもせまい勝ち筋を手繰り寄せて2勝されているのがさすがです。

おそらくポイントとなったのは《マオ》の使い方。2手先まで予測して必要カードをデッキの上にもってくることで、淀みない動きを可能にししたのだと思います!

次の記事

【SM4シールド戦】「ウルトラビースト迎撃戦」参加者のデッキを紹介!【超次元の暴獣】

関連記事

参加者の記事を紹介

オーガナイザーイベント【ウルトラビースト迎撃戦 レッズさんのブログ「赤備え」

10/1 ウルトラビースト迎撃戦@バトロコ高田馬場 ハルさんのブログ「ハルのポケイバブログ」

ウルトラビースト迎撃戦[2017/10/1] kazuさんのブログ

『ウルトラビースト迎撃戦』アーカイブ

関連記事

たいあたりジム 4.1.0

リンク
といぶろ
イーブイズの小屋
​トルネヤマのおふきながしページ
ポケアド

当サイトはファンサイトであり、株式会社ポケモン等とは一切関係ありません。また、それらの権利を主張するものではありません。
当サイトはGoogleChromeとFireFoxでの動作確認をしています。該当・非該当の環境を問わず、表示崩れ等がありましたらご指摘いただけると完成度の向上につながります。