おはこにゃばちにんこ。

ロロたんぬです。

いよいよ目前にせまったポケモンジャパンチャンピオンシップス。

ガチに勝ちに行く人もいれば、
遊びに行く感覚で楽しむ人もいると思います。

おそらく公式の配信もあることでしょう。

今回は、その配信を観ていて
面白い!」と思えるように、
ちょっとした知識を解説します。

2日目の日曜日、いわゆるday2の
2本先取によるトーナメント形式」についてです。

 

 

BO3という対戦形式

2本先取は、
「ベストオブ3」、略してBO3と呼ばれます。
最大3回戦を行い、勝利数の多い方がマッチ勝利となるルールです。

(普段みなさんが「一本勝負」として親しんでいるのは、
ベストオブ1、つまりBO1です。)

BO3は、一本勝負につきものである運勝ちが起こりづらく、
実力や有利不利が如実に現れるため、
大会の決勝トーナメントにふさわしいと言えます。

公式のページに詳細なルールについて書いてありますが、
大まかな部分を説明していきます。
(※公式の用語と違う言葉を使っていますが、
説明をわかりやすくするためです。)

対戦の流れ

まず、基本の流れです。

じゃんけんで先攻後攻を決める

1セットめ試合開始

負けた方が先攻後攻を決められる

2セットめ試合開始

片方が2勝の場合→試合終了

1勝1敗の場合→3セットめへ

2セットめで負けた方が先攻後攻を決められる

3セットめ試合開始

2勝した方の勝利

この3試合を50分でこなすことになります。

……ただでさえ30分1本勝負も満足に終わらないのに、
50分間で3試合なんて終わるわけない。

というわけで、各セットの投了と、
タイムアップ時の細かいルールがあります。

 各セットの投了

1セットめ、2セットめの途中、
「勝てない」と判断した場合、投了を選択し、
次セットへ移ることができます。
50分間で3試合こなすためにも、必要な判断です。

 1セットめでタイムアップの場合

サイド差がつくまで対戦を続行します。
サイドが少なくなった方のマッチ勝利

 3セットめ(両者1勝1敗)でタイムアップの場合

サイド差がつくまで対戦を続行します。
サイドが少なくなった方のマッチ勝利

 2セットめでタイムアップの場合

お互いのサイドが残り3枚以上なら、2セットめは無効試合。1セットめの勝者がマッチ勝利
片方のサイドが2枚以下なら、少ない方のセット勝利。
→2勝した方がマッチ勝利
→1勝1敗ならサドンデスへ。

 サドンデスとなった場合

ルール上での引き分け(相打ち)や、
2セットめのタイムアップ後に1勝1敗となった場合、
サイドを1枚置いた状態で試合をスタートし、サドンデスを行います。
→サドンデスの勝者がマッチ勝利

……わかりづらいですね。
図説します。

…どうしてこんなにややこしいことを、
初心者向けのブログ記事で書くのかというと、

これを理解しているだけで、

観戦が3倍面白くなるからです。

 

勝利条件の違い

各プレイヤーは、
上記の勝利条件を常に念頭に置きながら対戦を進行していきます。

ーーたとえば、3セットめ開始時、
残り試合時間が5分しかないとき。

互角な試合を行うならば、5分で取れるサイドはせいぜい1,2枚くらいです。
そのため、プレイヤーはサイドを取り切る勝利を見据えたプレイングよりも、
5分間でいかにたくさんサイドを取れるか?を意識しながらプレイをしていきます。

ゾロアークGXデッキなら、真っ先にワザ「ライオットビート」でサイドを取るプランを立てるでしょう。
追加のターンもあるので、あとは2ターン後くらいまで見据えたプレイングをすれば十分です。

ーーたとえばたとえば、2セットめ開始時。
残り試合時間が15分の時。

2セットめは、サイド2枚以下にならなければ、無効試合となります。
1セットめに35分かけ、辛くも勝利したプレイヤーはサイドが4枚とられないよう、15分間を耐え抜きます。
逆に、惜しくも敗北したプレイヤーは、4枚サイドを取って有効試合にしたいところです。

この場合、2進化GX主体の遅いデッキを使用していると、
逃げきることが容易ですが、
追いかける側の場合、かなり苦しい展開と言わざるを得ません。

さて。

残り時間によるプレイングの違いを説明しましたが、
これを逆算していくと、実は、すべてのデッキにおいて、
試合開始時にどのような時間配分で対戦するかを
組み立てることができます。

ここからが、僕が本当に話したかった
BO3を楽しむ知識」です。

BO3のプレイング

①ゲームスピードの比較的速いデッキ

ルガルガンGX+ゾロアークGX
ルガルガンGX+マッシブーンGX
よるのこうしん
ウルトラネクロズマGX+カラマネロ
レックウザGX+ミロカロス
ホウオウGX+バシャーモGX
など

相手の動きに関係なく、
攻撃力を利用してサイドを取っていくデッキたちです。
速いデッキ同士の対戦は50分間で3試合をこなせる場合が多く、
「とにかく2回勝つこと」に重きをおいて対戦をしていきます。

この手のデッキは先攻を取ることで有利になりやすく、
1セットを取ることができれば、2セットめを早々に投了することで、
3セットめを先攻で迎えることができます。

しかし逆に、1セットめで無理やり勝とうとして時間を使って負けてしまうと、
2セットめや3セットめで制限時間を迎えてしまう可能性があるため、
投了の判断タイミングが重要なデッキたちです。

②場をゆっくりと整えて、後半にまくるデッキ

ガマゲロゲEX+ジュナイパーGX
オーロットBREAK
サーナイトGX
ゲッコウガBREAK
カウンターエネルギー軸
など

相手の攻撃を受けながら、
場をゆっくりと育てていくデッキです。
対戦時間も1セットあたりが長くかかるため、
30分1本勝負では短いときがあります。
50分で3セットなんて、こなすのはなかなか難しいです。

そのため、速攻デッキと違い、1試合1試合を大事に戦っていきます。
先述の通り、1セットめを長くかければ、
2セットめは逃げ切ることができるため、
マッチ勝利に持ち込みやすいです。

逆に、1セットめが不利だと感じたら、かなり早い段階での投了が必要です。
2セットめで辛くも勝利できたとしても、
3セットめに入る前にタイムアップとなると、
サドンデスとなってしまうからです。

サドンデス(サイド1枚戦)では超絶不利なので、
できれば3セットめは通常にスタートし、
タイムアップ時にサイドが同数になるように気をつけてプレーをしたいです。

③相手の動きに合わせてプレイングを変えるデッキ

ニンフィアGX LO
ゾロアークGX+マグカルゴ
など

マジカルリボンや、センパイとコウハイ、じならしなどから、
デッキのサーチ回数が著しく多いデッキです。
スピードこそそれぞれの特色はあるものの、
これらのデッキの共通点は、
プレイングスピードを操作しやすいことです。

相手が速攻をしかけてくるなら、
同じように速度をあげて2勝を狙うように、
相手がゆっくり育ててくるなら、
速度を下げて50分で1試合をこなすようにプレーします。

3試合め、タイムアップまでもつれた場合に、
自分が有利になるか不利になるかを
きちんと考えて進行していく必要があります。

BO3を観るときは

BO3は、一本勝負のBO1と比べて、
より時間配分に気をつけてプレーをする必要のあるルールです。
配信を観るときは、選手たちのプレースピード、
投了のタイミングなどに気をつけて観戦してみましょう。
トッププレイヤーの思考を少し読み解けるかもしれません。

また、海外、世界大会のBO3では、
対戦の映像だけでなく、
参加選手のデッキレシピを60枚すべて観ることができます。
レシピを見ただけで有利不利を判断するのは難しいですが、
プレイヤーの振る舞いだけでなく、
試合展開も読み解けるヒントがあるかもしれません。

ではでは。出場する人も、しない人も。
PJCS、楽しんでくださいね!

関連記事

たいあたりジム 4.1.0

リンク
といぶろ
イーブイズの小屋
​トルネヤマのおふきながしページ
ポケアド

当サイトはファンサイトであり、株式会社ポケモン等とは一切関係ありません。また、それらの権利を主張するものではありません。
当サイトはGoogleChromeとFireFoxでの動作確認をしています。該当・非該当の環境を問わず、表示崩れ等がありましたらご指摘いただけると完成度の向上につながります。